知っておこう!AGA治療で処方される薬の副作用

管理人です、どうも。

AGA治療薬って知ってますよね?
そうです、男性型脱毛症が原因のハゲを治すという、あの治療薬です。

副作用が出るケースがあるという話を、この間ハゲの上司と飲んだ時に聞きました。
薬なんだから副作用があっても不思議は何ですけれど、なんだか嫌だなと思いましたね。

私の場合はAGA治療薬に頼らないでM字ハゲを克服できたこともあるかもしれませんが。

後日週刊誌に同じようなことを書いた記事を見つけたんです。
それで、AGA治療薬の副作用について調べてみました。

なんでかというと…それは、やっぱり気になったからです。

AGA治療薬は種類あるって知ってました?

代表的なAGA治療薬は種類あるんですね。
ジミケンは知りませんでした。

ひとつは「プロペシア」で、もうひとつが「ミノキシジル」という薬です。
この二つの薬の大きな違いは飲み薬と塗り薬ということです。

プロペシアは「フィナステリド」を主成分にしています。
同じようにフィナステリドを主成分にしている仲間に「フィンペシア」や「フィナロ」、「フィンカー」などもあります。

ミノキシジルにも飲むタイプのもがありますが、かなり体への負担がかかります。
そのこともあり、まず塗り薬タイプから使うことが一般的なので、塗り薬という認識が広まっています。

では、気になる効き目や役割についてはどうなのでしょうか?

プロペシアは抜け毛を押さえてAGAの進行を遅らせることが、大きな役割です。
AGAの進行を押さえて、育毛・発毛の数が抜け毛を上回ることを期待するみたいです。
メカニズムとしてはAGAの大きな要因になっている「ジヒドロテストステロン」の発生を抑えることですね。

ミノキシジルは血流をよくする作用があります。
頭皮に直接塗布して頭皮の血流・血行を改善して、毛乳頭に育毛に必要な栄養分を届けます。
毛母細胞を活性化させて育毛を促す役割ですね。

プロペシアを飲み、ミノキシジルを塗布したら、M字ハゲなんて怖くないと思うでしょう。
しかし、それは副作用のことを知ってからにしてください。

プロペシアの副作用ってなに?

まずプロペシアの成り立ちというのか、出自をはっきりさせておきましょう。

プロペシアは前立腺治療薬として開発されていました。
テストステロン(男性ホルモン)に作用する性質を持っているということを知っておきましょう。
その結果起きる副作用としては、男性機能に作用することが多いんですね。

症状としては「抑うつ」「勃起障害」「精子数減少による男性不妊」などがあげられています。
恐ろしいですね。

「精子数減少による男性不妊」は、プロペシアの服用を止めたら治った事が多いようです。
しかし、「勃起障害」は服用をやめても残ったというケースもあるそうです。

これは、男としては忌々しき問題ですね。

副作用が出る人は数%だといいますが、自分がその数%に入るかどうかは「神のみぞ知る」です。
怖いですね。

ミノキシジルの副作用ってなに?

ミノキシジルについても出自をはっきりさせておきますね。

ミノキシジルは、高血圧治療薬を目的に開発されました。
このため、血行・血流に対する影響が非常に高いというわけです。

報告されている副作用の症状としてはを紹介しますね。
「頭皮の痒み」「頭皮が赤くなる」「原因不明の眩暈」「頭痛」「吐き気」
あと大量に使用した時に起きる「低血圧症状」もあります。

この症状だけを見て、「何だ、たいしたことないじゃない」と思わない方がいいですよ。
ミノキシジルの使用との因果関係ははっきりしないそうですけれど、何人かの人がミノキシジル配合の製品を使っていて、実際に亡くなった方がいるようです。

この副作用も数%の人に出るだけだと言われますが、やはりこの数%に自分が入るのかどうかって「神のみぞ知る」というわけですから、怖いです。

プロペシアもミノキシジルも「医薬品」ですから、副作用があってもまったく不思議ではないですよね。

副作用の事を考えるとこれら「医薬品」での治療はオススメできません。
しかし、どうしてもAGA治療を受けるというなら、まずきちんとした病院を探しましょう。
そして副作用の危険性をきしっかり理解した上で治療はじめてください。

まあ、ジミケンは、こういった医薬品に頼らないでよかったと強く思っています。

その他の記事

© 2017 【M字ハゲ対策日記】育毛剤で生え際の薄毛を止められるか? All Rights Reserved. サイトマップ
このページの最上部へ