高額な発毛サロンに通えば確実にハゲは治るのか?

こんにちは、管理人です。

先日、友人と待ち合わせで、友人指定のバーに行きました。
一人で待っていた時のことです。

隣に座っていた二人連れの会話が、「発毛サロン」の話題で思わず耳を傾けてしまいました。
「他人の話を盗み聞き」することはよくないと思いつつ、聞かずにはいられませんでした。

何よりも驚いたのが料金の話です。

なんでも2年間で数百万円(たしか、300万円だったかな?)払ったと言っていたんです。
ジミケンにはとても考えられないような、超高額な料金の話。

思わずその人の数百万かけたという頭を見てしまいました。
そして、「ああ〜、やっぱり」と思ったんです。
そうです、効果があるのかないのか、なんとも微妙な…判断がつかない頭髪事情だったんです。

そこで、高額な育毛サロンのことを、まじめに調べてみました。

発毛サロンってどんなところ?

そもそもサロンっていう言葉が、全部を示していると言っても過言じゃないですね。

サロンの語源はフランス語の「salon」です。
もともとの意味が「応接間」「広間」「談話室」ですから、くつろぎの空間ということですね。
だから、医学的な治療行為をする空間じゃないっていうことです。

世の中にはサロンって名前の付く場所が、結構あります。
「ネイルサロン」「エステサロン」「脱毛サロン」などたくさんあります。

その中のひとつが「発毛サロン&育毛サロン」っていうわけですね。
ということは、「くつろぎの空間で発毛・育毛の施術をしてくれるところ」っていう解釈が成立するわけですね。

発毛サロンってなにをしてくれるの?

調べてみると、内容的にはどこのサロンも基本的にあまり変わらず、頭皮の血行改善が中心みたいです。

血行改善に使うツールや、育毛・発毛剤に各サロンのノウハウが詰まっているっていう感じです。
それに加えて、食事療法のカリキュラムが含まれているサロンもあるみたいですね。
まあ、髪の毛にとって、食事も大切な要素ですからあった方がいいですね。

サロンに通うだけでいいの?

施術と合わせて、自宅でもセルフエアが必要だというサロンもあれば、施術のみで大丈夫というサロンもあります。

中にはとんでもなく頭皮が熱くなるツールを自宅で使うよう指示するサロンもあるようです。
その熱さが半端ではなく、頭皮が焦げそうでサロンをやめる人もいるそうですよ。

サロンって医学的にはどうなの?

発毛サロンの開業・運営に関しては「医師免許」を持っている必要はありません。

ですから発毛サロンに医師が常駐しているのは非常にレアケースだということが分かりました。
医師がいないわけですから、サロンで医学的な治療行為は一切できないということになります。

効果は期待できないの?

はっきりしたデーターがあるわけではありません。
効果には個人差があるということが各発毛サロンの前提条件みたいですね。

抜け毛のタイプをある程度特定をして、そのタイプに合わせて施術のコースを決定。
施術を行い、高価を期待するという感じですね。

ジミケンみたいにM字ハゲを自力脱出した人間から見ると、何となく釈然としないですね。
理由は「自分でもできる」からです。

発毛サロンでハゲは治るの?

結論をいうと、発毛サロンの効果は各発毛サロンの主張しているとおりで「個人差」があるということです。

ネットの口コミを見ると、効果のなかった人の意見もありますし、それに反論する人も少ないです。
それだけで発毛サロンの良い・悪いという判断はしかねます。

しかし、あれだけ効果を実感できない人が多いということが、既に問題かもしれませんね。

ただひとつ確実に言えることは、「呆れるほど料金が高い」ということです。
個人差があること自体、自力脱出することと変わりがありませんからね。

効果を期待できる発毛サロンの探し方は?

調べてみると、まあ、ないこともないです。

方法は電話なりネットの問い合わせなりで「医師が常駐していますか」と訊くことです。
医学的根拠のある薬は医師の処方がなければ使えないからです。

返ってくる返事は大きく分けて2種類です。
ほとんどが「いないです」か「クリニックを併設しているので医師が管理しています」なんて言う答えですね。
この場合クリニックを開設している医師が委託管理をしている、という方が正しいと思いますけど。

ジミケンが調べた結果は、こんな感じです。
参考になれば幸いですね。

その他の記事

© 2017 【M字ハゲ対策日記】育毛剤で生え際の薄毛を止められるか? All Rights Reserved. サイトマップ
このページの最上部へ