育毛に大切な亜鉛サプリの選び方を考える

この間ハゲ友といったダイニングバーでのことです。隣のテーブルにいた男性二人の会話で、すごく役立ったって言うか、役立ちそうなことがあったんです。

会話の内容から推測すると、彼らの職業はどうやらAV男優さんみたいだったんです。だからって、エッチのやり方が役立ちそうだって言うことじゃあないですよ。誤解のないようにお願いします。

んじゃあ、いったい何が役立ちそうだって言うことなんですけど、亜鉛のサプリの話がすごく役立ちそうだなって思いました。彼らはいわゆる発射階数が多いらしいんで、亜鉛って必需品みたいなんですね。

発射回数とは関係ないんですけど、以前、ジミケンも亜鉛が育毛に良いって言うことなんで、サプリを飲んでたことがあったんですけど、なんだか体に合わない感じがして、少しの期間で飲むのを止めちゃったんです。

どんな感じに調子悪くなるかって言うと、ジミケンの場合は少しですけど頭痛がするって言うことがありました。人によっては吐き気のする人もいるって言う話もあるし、下痢っぽくなる人もいるって言うことも聞いたことがあります。

そうならない飲み方があるって言うことを、彼らの会話から知ることが出来たんで、これは試してみる価値がありそうだって思いました。

っていうわけで、今日は亜鉛のサプリについてお話をしていきますね。

亜鉛と育毛の関係ってなに?

亜鉛って体にとってなんで必要かって言うことなんですけど、一番重要な働きっていうと食事から摂ったタンパク質を合成して骨や筋肉、それに臓器の組織に変える時に絶対的に不可欠なものだって言うことですね。

食事から摂ったタンパク質はいったんアミノ酸になって、肝臓で再度タンパク質に変換されるんですけど、この時絶対的に必要なのが亜鉛です。

んで、髪の毛も臓器みたいなものですから、亜鉛なしだと育たないって言うことがあるんで、亜鉛と育毛って切っても切れない間柄だって言うことなんですね。

って言うことは、亜鉛が不足するとやたら抜け毛が増えたり、新毛が育たないって言うヤバイ現象が起きちゃって、ハゲになる可能性が大きいって言うことです。逆に、亜鉛がたっぷりあると抜け毛防止&育毛・発毛万歳って言う感じにすることが出来るっていうわけですね。亜鉛、すごいです。

亜鉛の副作用ってどんなの?

まずジミケンがなった頭痛です。風邪の引き初めみたいな感じの、割合に軽い頭痛でした。でも、人によってはかなり強い頭痛になる人もいるって言う話ですね。

次に、ちょっとした発熱です。これも風邪の引き初め的な微熱が出て、ついでにだるくなってやる気が起きなくなるって言う感じみたいですね。

それからちょっと怖くて重いやつですけど、腎機能が低下するって言うこともあるって言います。腎臓ってオシッコを作るだけじゃなくて、体全体に影響する器官ですから血圧の異常なんかの原因になっちゃうこともあるし、いったん悪くなるとなかなかよくならないっていう、厄介な器官です。気を付けましょう。

他にも吐き気がして食欲が減退したりなんて言う症状もあるって言います。いずれにしても、いわゆる過剰摂取が原因なんで、飲み方には注意をしないと拙いです。

んじゃあ、どんな飲み方をすればいいんだよ

まず大切なこととして、用量を守るって言うことですね。育毛を目的にしていない通常の場合ですと、一日15mg程度だって言います。

んで、育毛を目的にした場合ですけど、多い人で一日20〜50mg摂取するって言います。この場合なんですけど、一度に飲まないようにすることが肝心ですね。一日3回ぐらいに別けて飲むことが必要です。

って言うことは、サプリ一粒の大きさが小さい方が良いって言うことになります。それと、亜鉛だけじゃなくって、他のミネラルも入ってるやつの方が良いって言う話ですね。選ぶ基準としては、一粒の大きさが小さいことと、総合ミネラルサプリ的な方が良いって言うことになります。

んで、多く摂りたいことは分かるんですけど、徐々に増やしていって、副作用のない範囲で増やすことが必要です。それでも、あんまり多く飲んじゃうと、ヤバイかもしれないです。

それと吸収が悪いって言うのも亜鉛の特徴です。一番吸収の良い飲み方や、食べ物から摂る方法ですけど、ビタミンCやクエン酸と一緒に摂ることです。つまり亜鉛サプリの場合でも一緒にビタミンCやクエン酸のサプリを摂ることですね。それと、もし牡蠣を食べるんだったら、レモンを絞ってかけて食べると吸収効率は良いって言います。

亜鉛って体に備蓄することが出来ないんで、いつも意識して摂る必要があるんで、上手に亜鉛を取って、ハゲ防止&育毛・発毛をがんばりましょう。

その他の記事

© 2018 【M字ハゲ対策日記】育毛剤で生え際の薄毛を止められるか? All Rights Reserved. サイトマップ
このページの最上部へ