青魚をいっぱい食べて抜け毛防止&育毛効果を狙う

先日、ジミケンたちの「企画部製品開発二課」に社長賞が出ました。日ごろ「社畜」をやってる甲斐があったなって、正直うれしかったです。そのご褒美っていうことで、上司の企画部長が、「回ってない寿司屋」に連れていってくれたんです。回ってない寿司屋に行くのは、たぶん半年ぶりぐらいかなって思うと、これもうれしかったです。

酒の肴は一品料理と、あとはやっぱり新鮮な刺身が中心でした。旨そうな中トロや赤身、それに軽く締めた締め鯖や、鰯のナメロウを大葉で挟んで焼いたやつや、鯵の叩きにカツオなんかが出ました。あと、「マグロのカマ焼き」もです。

んで、気が付くと全部青魚だったんですね、これが。「なんで全部青魚なんだ? 白身とか貝類って出ないのかな?」って思って、「部長。部長は青魚がお好きなんですね」って訊いてみました。

そうすると、「実はな、ジミケン。俺、最近抜け毛がすごいんだよ。まあ、数えたことはないけど……、怖くてさ。それでな、この店の大将が『青魚って、抜け毛防止や育毛効果があるんですよ』って教えてくれたんだよ。もともと青魚は好きだし、これは良いって思って、それからは毎日青魚を喰ってるんだ。まだ、毎日喰い始めてから三週間ぐらいだけど、少し抜け毛が減ってきたような気がするんだ」っていうです。

当然ですけどハゲ族(元ですけど)としては、ものすごく興味があったんで調べてみたら、なるほどっていうようなことがわかりました。

っていうわけで、今日は青魚と髪の毛の関係についてお話をしていきますね。

青魚の何が髪の毛に良いんだ?

青魚を喰うと頭がよくなるとか、健康に良いってよく言われますよね。それはDHAとEPAっていう成分の働きだって言われてます。両方とも、いわゆる「フィッシュオイル」って言う、別の言い方もされてますね。んで、両方とも「不飽和脂肪酸」の仲間です。

この不飽和脂肪酸は欠乏まではいかなくて、不足気味になっただけでも人の脳内の情報伝達力には、かなり悪影響が出るっていう重要な成分なんです。

それとグリーンランドに住んでいる「イヌイット族」っていう民族には、脳血栓とか心筋梗塞が、かなり少ないって言う話があります。彼らがよく食べている食材に、「アザラシと魚」があるっていうんで、学者の先生たちが調べて結果どちらにも「EPA」が多く含まれているっていうことがわかりました。

んで、このEPAには、人体の○○急便(血液です)をサラサラにするっていう、すごい効果があったんです。つまり人体の○○急便が使っているトラックを「チューニングアップ」して、レーシングトラックにしちゃったっていう感じですね。

そうすると体中の各器官に必要な栄養素は、ノーマルのトラックを使っていた時よりもはるかに速く届けられるっていうことになります。つまり、毛根やも毛母細胞にもっていうことです。これが髪の毛に良いっていうことになります。なるほど、っていう感じですよね。

じゃあDHAは関係ないのか?

ありますよ、しかも大有りです。DHAにも体脂肪自体や中性脂肪を減らしたり、コレステロールを抑制して悪玉コレステロールを減らしてくれるっていう、大きな役割があります。これだって、血液サラサラ効果のひとつです。

それに加えて、妊婦さんが摂ると生まれてくる子供さんの頭がよくなるとか、老人ボケを防げるとか、ガンの予防に良いとか、アレルギー体質を改善してくれるとか、鬱症状を軽減してくれるとか、すごい効果があるって言います。

だから、どちらか単体で摂るよりも、両方取った方が効果的なんでしょうね。

DHA・EPAって体の中で生成されるんじゃないのか?

残念ながらそれはないです。どちらも「必須脂肪酸」なんですけど、人の体の中で生成される物質ではないです。っていうことは、何かの食材から摂るしかないです。ちなみに、人の体を健康に保つためには、赤ちゃんから高齢者まで、必ずこの必須脂肪酸は必要です。

んで、DHA・EPAが多く含まれていて、効果的に摂取できるのが青魚っていうことなんですね。でも、残念ながら近年の日本人は、青魚を以前より食べなくなっているっていいます。この裏には、欧米型の食事事情になっているっていう重大な事実があります。これが、ジミケンも含めて「若ハゲ」が増えたひとつの理由って言われてます。悔しい、もっと早く知ってれば青魚喰ったのに。

それはわかったけど全部の青魚が髪の毛に良いのか?

まあ、全部の青魚が良いって言えます。分け隔てなく、全部の青魚を食べましょうって言いたいですね。

でも、中でも亜鉛を含んでる青魚っていうのが、ハゲ防止&育毛・発毛にはより重要だって言うことに気づきました。それと、同じ魚でも部位によって、DHA・EPAの含有量がちがうっていうことも分かりました。

んじゃ〜どんな魚を喰えばより効果的なんだ?

亜鉛は皮膚の健康を維持するためには絶対的な効果がありますから、頭皮を健康に保つためにも取った方が良いです。

ていうことでDHA・EPAを豊富に含みながら、なおかつ亜鉛を含んでる差かなっていう条件で言うと、「鯵と鰯」が代表的です。

それと部位ですけど多くの魚の「頭」、特に目の周りのゼラチン質にDHA・EPAが一番多く含まれています。例えば「鯛」なんかでもカマのところって、スーパーなんかでも安く売ってます。

だから「兜焼き」にするとか「兜煮」にするとかっていう方法で、安くて簡単にDHA・EPAをたくさん摂取できます。まあ、自分でやるのは大変だから、近所の居酒屋の大将に頼むっていう手もありますね。

とにかくうちの部長じゃないですけど、「毎日喰う」っていうことが大切みたいですね。まあ、難しい場合にはサプリっていう手もありますから、両方を上手く組み合わせて上手に摂取しましょう。

その他の記事

© 2018 【M字ハゲ対策日記】育毛剤で生え際の薄毛を止められるか? All Rights Reserved. サイトマップ
このページの最上部へ