腸内環境と頭皮の環境は連動している

いきなり尾籠なお話で恐縮ですけど、
大量飲酒が続くとお腹の調子がく悪くなって、とても臭い便やガスがでると思いませんか?

お腹の調子が悪くなるのはお酒だけが原因ではありませんが、
とにかくお腹の調子が悪いときはそんな感じになりますよね。

よく観察してみると酒飲みのオッサンたちって、結構薄毛&ハゲの人って多いなって感じませんか? 
もちろんそうじゃない人もいますけど、何となくそう感じてしまうんですね。

そこで、酒飲み=腸内環境の悪い人=薄毛&ハゲってことはないのかなって思って、
例によって調べてみたんです。
そうしたら、腸内環境と頭皮の環境はある程度というより、かなり連動していることがわかりました。

今日はこの腸内環境と頭皮の環境の連動について、お話をしていきますね。

腸は健康の源と言える重要な臓器

普段お腹の調子が普通な時って、別に腸の存在なんて意識しませんよね。
でも、その時に腸はかなりハードワークをこなしてくれているんです。

そもそも腸の役割って、摂取した食品の栄養素を吸収してくれているんですね。
腸のルーティーンワークって、日々ハードなんですね。
だって、人は腹が減ると何か食べます。

食べると胃で消化して(だから胃もハードワークですね)から腸に入っていって、
栄養素を吸収して、カスを便として排出するっていうことを日々やってくれていることになります。

腸の働きが悪くなると必要な栄養素を吸収しづらくなる、あるいは吸収できなくなります。
つまり、健康の源の重要なひとつって言えますね。
腸が健康でいてくれなくては、頭皮環境もヘチマもないって感じですね。
えらく重要な器官ですから、まず、ここを押さえておきましょう。

健康な腸とは?

健康な腸ってどんなのっていう話になります。
健康な腸の最大の条件は、健全な腸内環境を保っていることですね。

きちんと蠕動運動ができていて、宿便を残さずに排出してくれて、
善玉菌と悪玉菌のバランスが善玉菌優位になっている状態です。

ここで大事なのは悪玉菌がまったく存在しないのも良くないということです。
理由は消化吸収しないで残ったカスを餌にして、悪玉菌は存在しているからです。
つまり、腸内のハイエナやハゲタカ的な役割をしてくれています。

だから悪玉菌が全くいないと腸内環境が悪くなって、どんどん悪化してしまうということです。
ですから、善玉菌優位だけど悪玉菌もいるっていうバランスが必要になります。

まとめると、きちんと蠕動運動ができていて、善玉菌と悪玉菌のバランスが良い、
炎症などのない状態が健康な腸っていうことになりますね。

あ、あと腸が健康だと、副産物的な効果として免疫力の向上と、
幸せホルモンって言われる精神のバランスをよくしてくれるセロトニンの分泌もよくなりますよ。

腸を健康に保つ方法は?

まず宿便を溜めないように、便通をよくすることですね。
そのためには、悪玉菌が増え過ぎないように注意してください。

過剰な糖分の摂りすぎや、動物性脂肪の摂り過ぎは、悪玉菌が増殖する原因になります。
でも、仕事をしていると昼飯はどうしてもコンビに系やファーストフードなどのジャンク系、
もしくは外食になってしますよね。

こんな時は、逆に善玉菌を増やしてやれば大丈夫です。
一番簡単なのは「ヨーグルト」を食べることですね。
ヨーグルトにはビフィズス菌が大量に入っていますから、善玉菌を摂ることができます。

おまけにヨーグルトには、頭皮の環境を整えて、育毛・発毛効果も期待できるっていう、優れものです。

健康な腸を維持すれば、育毛・発毛に必要な栄養素を十分に吸収してくれますから、頭皮環境も抜群によくなります。

なぜヨーグルトに育毛・発毛効果があるの?

ヨーグルトが持っている育毛・発毛効果って、いろいろあります。
いくつかあげて、説明していきますね。

抜群の整腸効果

善玉菌の代表格「ビフィズス菌」が大量に含まれていますから、抜群の整腸効果があります。
ただし、ビフィズス菌も生き物ですから、自分に合ったものを摂らないと効果はありません。

何日か食べてみて便通などが改善されないようなら、ヨーグルトの種類を変えてみてください。

髪の毛に必要な成分がいっぱい入っている

髪の毛に必要な成分の代表格はタンパク質ですが、
ヨーグルトは乳製品なのでタンパク質は豊富に入っています。

さらにビタミン、カルシウムも豊富に入っていますから、育毛・発毛には最適な食品でもあるんです。

IGF-1インスリン様成長因子を増やしてくれる

ヨーグルトにはIGF-1という、「インスリン様成長因子」を生成する「アミノ酸」を増やす働きがあります。
このインスリン様成長因子っていうのは、糖尿病
と関係のあるインスリンとはちがうんです。

人体の健康を維持するために不可欠な成長因子で、
体内のあらゆる器官や筋肉、皮膚や髪の毛、骨格などの健康維持のために欠かせない重要な物質です。
これが減ってしまうと、健康には悪影響が出るって言われています。

もしかしてハゲもこれが減ったから?

こんな感じで、腸内環境と頭皮の環境ってかなりシンクロしてます。
腸内環境が悪いと、髪の毛に必要なタンパク質やビタミン、ミネラルの吸収が思い切り悪くなるので、
それにつられれて、頭皮の環境も悪くなってしまうということですね。

ヨーグルトを食べて内環境を整えて、頭皮の環境も良くしましょう。

その他の記事

© 2017 【M字ハゲ対策日記】育毛剤で生え際の薄毛を止められるか? All Rights Reserved. サイトマップ
このページの最上部へ