育毛剤選びの基本を考える

この間って言ってもつい二、三日前なんですけど、部下二人と一年ぶりに入った居酒屋のご主人を見てびっくりしたんです。なんでかって言うと、ジミケンと同じ見事な完M字ハゲだった人が、それを脱出してたんです。

一瞬店内を見回して、人違いならぬ店違いじゃないってことを確認しちゃいました。さらに、失礼を承知でまじまじとご主人の見つめてしまいました。間違いなく、あの完M字ハゲのご主人でした。

んで、その時にジミケンの頭を一瞬よぎったのは、自分のことをさて置いちゃって「ん! 植毛か」って言うことでした。

ご主人はそんなジミケンを見て、「よう、ジミケンちゃん、いらっしゃい。久しぶりだね」って、ニコニコ笑ってました。

「どうも、ご無沙汰です。ここ良いですか?」って言って、部下たちとカウンター席に座っていつもどおりに飲み始めたんですけど、ジミケンも部下たちもどうしてもご主人のハゲ脱出が気になってしまって、ついに「マスター、いつの間に……。それと、どうやってそれを」って、訊いてしまいました。

そうしたら、あっさりと「うん、なんて言うことはなかったね。前にジミケンちゃんが言ってた育毛・発毛に対する取り組み方をそのままやって、後は育毛剤の選び方だったんだ。別に難しいことじゃなかったぜ」って、何事もないような顔をしていってました。

って言うことで、今日はその居酒屋のご主人から聞いた、育毛剤の選び方についての考え方をお話していきますね。

まず、ハゲの原因から育毛剤を考える

ご主人の考え方の基本中の基本が、まず初めになんでハゲちゃったのかって言うことを知ることが第一で、その他のことはそれから考えるって言うことでした。

って言うことで、ご主人は最初にAGA治療のクリニックを受診して、自分のハゲはAGAだって言うことを確認したって言ってました。

んで、その時診察をしてくれた医師に、なんでAGAが発症するのかって言う理由をしっかり訊いたって言ってました。それと、その結果どうなってハゲになるのかって言うこともですけど。ご主人によると、ここが大きなポイントになるって言うことですけど。

え! なんでかって? 何事にも原因があって、それを分かれば対処の方法も分かるからだって、そう言ってました。なんだかこれって、ビジネスの世界みたいですよね。

対処方法を考えると出てくる結論

んで、AGAになっちゃう諸悪の根源を知ったから、それを退治することがハゲ治療の第一歩だって気づいたって言ってました。

その諸悪の根源は、5a-リダクターゼって言う酵素の働きで、男だったら誰にでもくっ付いてる睾丸から作り出される男性ホルモン(テストステロン)を、抜け毛促進剤のジヒドロテストステロンに変えちゃうことだって、クリニックの医師から聞いたって言うことです。

んで、プロペシアの服用を勧められたんですけど、いろいろ聞いた後で拒否するのも気が引けたから、一応初回分をもらって一切手を付けなかったって言ってます。なんでかっていうと、副作用が怖いからって言うことです。

ご主人の育毛剤選びの考え方

んじゃあ、ご主人はどうやって育毛剤を選んだ結果、完M字ハゲ脱出に成功したのかって、そこが問題ですよね。

ご主人の考え方は、まず諸悪の根源「5a-リアクターゼを封じ込める能力がある」って言うことが、最低限の条件だったって言ってました。この最低限の条件って言うことは、逆に言うと絶対条件って言うことですね。

んで、その条件を満たしてくれる成分が入ってない育毛剤は、片っ端から除外していくと、だんだん数が減ってくるから、考えやすいってことです。

他の部分に関してはいくつか必要条件を設定して、それを満たしてくれる成分の入ったものを選んでいくって言うことだったって言ってました。なるほど、これはすごいなって思います。何しろジミケンは、感覚的に「うん、こいつだったら効きそうだ」って言うことで、育毛剤を選んでましたから。そのおかげで、どれだけ時間とお金をつかったことか……。

その他の条件ってどんなことなのか

って言うことで、ご主人にその他の条件にはどんなことをあげていたのか、って言うことを訊いてみました。なんだかインタビュアーみたいで、まるで雑誌記者かなんかの職業の人が、取材をしてるみたいだったです。

ご主人の言ってた必要条件を、列記しておきますね。

5a-リダクターゼの生成を抑制できること

まず初めに絶対条件の、5a-リダクターゼの働きを抑制するために、その絶対量を減らすことが必要なんで、5a-リダクターゼの生成を抑える成分が入ってることが必要だって言うことです。例えばオウゴン、ヒオウギ、チョウジ、ビワ、イソフラボンなんかが代表的だって言うことですね。

頭皮環境を改善を達成できること

頭皮環境を改善するって、どういうことなんだって言う話ですけど、主には保湿やバリアー機能を正常にして、本来持ってる頭皮の機能を正常に保つって言うことですね。あと収斂性やターンオーバーもですけど。

オコドリソウウ、セイヨウキズタ、ローズマリー、シナノキ、ヒキオコシ、ローマカミツレなんかのエキスがこれにあたるって言ってました。まだ、他にもいっぱい言ってましたけど、覚えきれませんでした。うん、良く調べたもんですね、すごいです。

皮脂の過剰分泌を抑えることが出来ること

皮脂の過剰分泌は毛穴を詰めちゃいますから、結果的に毛根を弱めて抜け毛を発生させちゃいます。イコールハゲになるって言うことですね。これに有効なのは、ドクダミエキスとビタミンB5だって言うことでした。

髪の毛の生成を達成できること

髪の毛ってシステインって言う成分でできてるんで、これを生成してくれるもとになるアミノ酸が入ってるって言うことが必要だって言うことですね。

そのためには、必須アミノ酸はもちろんですけどその他のアミノ酸も入ってることが必要だって、そう言ってました。中でも、海藻から取れるやつって良いって言いってます。

育毛剤の効果を高めるための行為

んで、さらに言ってたのは、育毛剤の効果を高めるためは、体も心も健康になってる必要が絶対的にあるって言うことでした。

いくら優秀な育毛剤でも、受け取るベースが悪いと、結果的には効果なしになっちゃうって言うことでした。

あと、余談で言ってましたけど育毛剤の効果って、すごく個人差が多いって言う事実があることを忘れるなって言うことでした。

うん、マスターすげ〜。

その他の記事

© 2018 【M字ハゲ対策日記】育毛剤で生え際の薄毛を止められるか? All Rights Reserved. サイトマップ
このページの最上部へ