育毛の敵!ジャンクフードとさよならするコツ

インスタントラーメンにカップ焼焼きそばって、買い置き食品の定番になってませんか?
それにランチタイム、外飯する時はマックや吉牛や松屋などが多くないですか?

みんなで行く外飲みでは鳥の唐揚げや一口カツに串カツ、モツ炒めなんて繰り返し食べてませんか?
身の回りにスナック菓子、特にポテトチップスなどは置いていないでしょうか?

いきなりすいません。
いま、ここにあげたものはいわゆる「ジャンクフード」ですね。
これらは育毛・発毛のためにはかなり敵対視しなくてはいけない食べ物なんです。

なんでかって?
それは全部高カロリー・高脂肪・高塩分食品だからです。
ジャンク(ガラクタ)っていうぐらいですから、そのとおりですね。

でも「わかってるけど、つい、喰っちゃうんだよね」って、感じですよね。
ジミケンもそうでした。
特に、インスタントラーメンが大好きです。
だって、簡単に作れてしかも結構旨いからです。

でも、育毛・発毛のことを考えると何としてもサヨナラしなければなりません。
そこで今日は「ジャンクフードとさよならするコツ」についてお話をします。

なぜジャンクフードが育毛・発毛の敵なのか?

なんでそんなにジャンクフードを敵対視するのか、その理由をまず押さえておきましょう。

一番は高カロリー・高脂肪・高塩分だっていうことです。
とくに高カロリーと高脂肪は、完全に敵対視しないと拙いですね。
ハンバーガーなどは高カロリー・高脂肪なのに一個ぐらい食べたって満足感がないですね。
だから、つい食べ過ぎちゃいます。

そうなると高カロリー・高脂肪の二重奏で、皮脂の分泌はすごいことになります。
せっかくの育毛・発毛の努力がほぼダメになってしまいます。
頭皮はベタベタで毛穴ギットリっていう感じ、あっという間にハゲなりますよ。

他にも、栄養バランスが悪すぎです。
極端にいうと「タンパク質と脂肪と炭水化物と塩分」のかたまりみたいな食品です。
育毛・発毛に必要なビタミンやミネラルが見当たりません。
つまり、こんな食事を続けていたらハゲじゃない人でもハゲになってしまいます。

このふたつが、育毛・発毛のためにジャンクフードを敵対視しなければならない理由です。

ジャンクフードとサヨナラするためには?

そうですよね、理屈はわかってるけど、実際にジャンクフードと手を切るって難しいですよね。

でも、やろうと決めれば必ずできます。
これからそのコツをいくつかあげていきますね。

途中で挫折しても諦めない

途中でジャンクフードを食べてしまっても、決して「もう喰っちゃったから止めた」ってならないことです。

諦めずにそこからまたスタートすれば以前は100%だったジャンクフードの摂取量が今度は50%に、
そこでまた挫折して再スタートすれば、今度は摂取量が30%になるっていう感じで、
次第にジャンクフードの摂取量が減っていきます。

そして気が付くと、ジャンクフードはほとんど摂らなくなっていたっていうことになります。
挫折しても決して諦めないっていうことが、一番肝心です。

育毛・発毛への強い意志を確認する

育毛・発毛を達成できた時の自分の姿や、満足感を強くイメージして
「必ず育毛・発毛を達成するぞ」って、強く思ってください。

そうすれば、そのために邪魔になる行為は一切しないって、強く思えます。
だから、「ポテトチップスひとつまみぐらいはいいや」っていうこともなくなります。

育毛・発毛を達成した時に何をしたいかイメージする

例えば「彼女を獲得するぞ」って思ってください。
今までハゲのため女性に消極的だったが、髪の毛が生えたら絶対に彼女を獲得する、
なんて言う強いモチベーションを持つことが大事です。

「そのためにはジャンクフードから縁を切るぞ」という行動に移ることができます。

朝食を摂る

朝食抜きで会社にいくと手近にあるものを食べてしまったり、
途中で何か買ってきて席に着くと食べてしまうことがあります。
そんな時に多いのはやっぱりジャンクフードですから、健康的な朝食を摂っておけばこれを防止できます。

育毛・発毛に効果的な食品を手近に置く

家にだって「野菜スティック」や「大根おろし&鮭の水煮缶詰」、
「オニオンスライス&スモークサーモン&レモン」などを身近に置くと、家飲みの時に手軽なおつまみになります。

会社だったら「アーモンド」「ピーナッツ」なんかのナッツ類、「オヤツ昆布」とか「酢昆布」などが良いですね。
それを食べること自体が育毛・発毛には効果的です。

健康食品的なジャンクフードに注意を

例えば「有機野菜で作ったクッキー」、健康食品に感じますけど、クッキーはクッキーでしかないです。
騙されてはいけません。

周囲の誘惑に負けない

例えば「このポテト旨いぜ、一口どうだ?」なんて言いうお誘いがあります。

でも「実は俺、育毛・発毛のために食い物をちょっとだけ制限してるんだ。
せっかくだけど、ごめん」って言ってしまうことが重要です。

口に出していってしまうと、それを破ることは恥ずかしいしから、誘惑に負けない気持ちができます。
それに、周囲の人も「あ、そうなんだ。じゃあ、ちょっと気を遣おうかな」ってなってくれます。

ジャンクフードとさよならをするために一番重要なのは「強い意志を持つ」こと、
そして「育毛・発毛を達成した時に自分やりたいこと」を強く思って、
育毛・発毛に対する強いモチベーションを持ち続けることですね。

ちょっと大変ですけど、ジャンクフードとは縁を切って育毛・発毛のために頑張りましょう。

その他の記事

© 2018 【M字ハゲ対策日記】育毛剤で生え際の薄毛を止められるか? All Rights Reserved. サイトマップ
このページの最上部へ