牡蠣喰えば髪がフサフサってほんとか?

この間残業が終わって会社を出る時に、別の課の同僚の課長とばったり会いました。「お!ジミケン。お疲れ、お前も社畜やってたのか? どうだ、たまには飲み&飯いかないか?」っていうことで、彼の知ってるちょっとした小料理屋にいったんです。

まずはっていう感じでビールから始まって、焼酎のロックになりました。そうしたら「あんまり飲むんじゃないぞ、またハゲるからな」って、いきなり嫌なことを言うんですよ。

でも、お店の大将が「大丈夫ですよ、牡蠣を召し上がれば」って言うんです。「え!」って思って「なんで牡蠣を食べるとハゲないんですか? おまけに牡蠣って今のシーズン(この時は7月でした)にはないんじゃないですか?」って訊いたんです。

そうしたら「牡蠣って一般的に良くRの付く月が旬だって言いますよね。それは『真牡蠣』っていう種類の牡蠣なんですよ。でも逆に『岩牡蠣』っていう種類の牡蠣は、初夏から秋口までが旬なんです。だから両方を合わせると、ほぼ一年中牡蠣は召し上がっていただけるんですよ」って教えてくれました。

その時は「なるほど」って思って、岩牡蠣を喰ったんです。旨かったですよ、ほんとに。でも、なんで牡蠣を喰うとハゲないんだって、肝心なことを訊き忘れてたんですね。んで、早速調べました。確かに、ハゲ防止だけじゃなくて、育毛・発毛にもかなり効果的だって言うことがわかったんで、今日は牡蠣を喰って髪の毛フサフサのお話をしますね。

牡蠣は海のミルクって言われる理由が髪の毛フサフサの理由

よく「牡蠣は海のミルク」って言いますよね。その理由は、牡蠣に含まれる豊富な栄養素からきてるんです。

牡蠣って硬い岩なんかに着生して育つんですけど、着生してからあんまり動かないんで筋肉が退化しちゃって、ほとんどが内臓なんですね。まあ、多くの生物は内臓に栄養素がたくさんありますから、それで牡蠣って栄養分がいっぱいなんだって言います。

んで、その栄養素なんですけど、必須アミノ酸(体内では生成されないやつです)をすべて含んだタンパク質、カルシウムや亜鉛なんかの多種類のミネラル、それにグリコーゲン、各種ビタミン、そのほかにもたくさんの栄養素が入ってます。これが、髪の毛フサフサの理由なんだって言いますね。

ちなみに日本人が牡蠣を喰い始めたのは、何と縄文時代で、室町時代あたりからは養殖をしていた痕跡もあるって言います。日本人、すごいですね。

それはわかったけど栄養素の何がどう髪の毛に良いんだ?

まず亜鉛ですね。亜鉛には細胞分裂を促進する作用があって、毛母細胞なんかは亜鉛なしではその働きはかなり弱くなっちゃうって言うことなんですね。つまり、亜鉛が不足すると、毛が生えてこないっていうことです。

それに、大量飲酒をすると、肝臓がフルパワーで働きます。この時にも亜鉛を消費しちゃうんです。つまり、「大量飲酒=ハゲ」っていう図式に当てはまっちゃうっていうことなんですね。だから、飲む時には牡蠣を喰うと良いって、あのお店の大将が言ってたんですね。

さらに、肝臓の働きを助けてくれるグリコーゲンと、必須アミノ酸のひとつのタウリンが結構入ってますから、これも良いっていうことになります。まあ、肝臓をしっかりさせておけば、かなり抜け毛防止&育毛・発毛には貢献できますから、やっぱり牡蠣はすごいっていうことになるんですね。

なんで肝臓と髪の毛が関係あるんだ?

髪の毛の成分は「ケラチン」っていうタンパク質なんですけど、これは肝臓で合成されるんです。

っていうことは、肝臓でケラチンが合成された後、人体の○○急便(血液です)が毛根に運んでくれて、髪の毛が育ったり生えたりするっていうことなんですけど、肝臓が弱っちゃってると、ケラチンの生産力が著しく落ちてハゲになるっていうことですね。

だから、肝臓を守ってくれる牡蠣を喰うと良いっていうことなんですね。

なるほどなんだけど亜鉛って他にも消費される理由はないのか?

ありますよ。例えば強いストレスを受けると、例外なく亜鉛を大量消費するって言う結果が出てます。

あと、活性酸素が増えちゃったときに、亜鉛が活躍して活性酸素をやっつけるんで、これも大量消費の原因になります。

他には大きい声じゃあ言いにくいんですけど、Hのし過ぎです。精子を作るのに、亜鉛はかなりの量が必要だからです。

んじゃ〜亜鉛を一日にどのぐらい摂ればいいんだ?

普通は成人男子で15mgぐらいだって言いますけど、育毛・発毛を考えると倍ぐらいは必要だって言います。理想的には40mgぐらいだって言う説もありますね。

んで、その量を確保しようと思うと、真牡蠣で5〜6個ぐらい喰う必要があります。他にも亜鉛が結構入ってる食材で言うと、豚レバーで200gぐらい、牛もも肉で300gぐらい、数の子だと7〜8本ぐらいは喰う必要があります。

まあ、牡蠣が一番少ない量で、必要な量を確保できるっていうことになりますね。正岡子規の俳句に「柿喰えば 鐘が鳴るなり 法隆寺」っていうのがありましたけど「牡蠣喰えば 髪がフサフサ いい感じ」っていうことですね。

その他の記事

© 2018 【M字ハゲ対策日記】育毛剤で生え際の薄毛を止められるか? All Rights Reserved. サイトマップ
このページの最上部へ