水素水で活性酸素を撃退して体を元気にしよう

活性酸素が体に悪いという話、いろんなところで聞きますよね。
DNAに傷をつけてガンを誘発するとか、細胞自体を壊すとか、とにかく悪の根源みたいに言われています。

いろんな悪さをすることは確かで怖い存在なんです。
しかしこんな怖い存在を、素早く懲らしめる、ウルトラマンかスーパーマンみたいなものがあるって知ってました?

ジミケンもこの間初めて知っりました、それは「水素水」と言います。
今日はこの「水素水」について、お話をしていきますね。

活性酸素はなんで発生するのか?

まず初めに「活性酸素」のことを少し知っておきましょう。

人体が生命を維持するためには、エネルギーが必要ですよね。
このエネルギーは人体の○○急便で運ばれてた栄養素を、各器官の細胞が分解して取り出して作りだします。
作られる場所は細胞内の「ミトコンドリア」という、一番小さなところなんです。

この栄養素を分解してエネルギーに変えるとき、酸素をたくさん使います。
この時にでるのが活性酸素です。

活性酸素には2種類あって、ひとつは善玉、もうひとつは悪玉です。
善玉の方は白血球のエサになって、免疫力に貢献してくれますが、
悪玉は色々な悪さをするから、病気やハゲの原因になります。

水素水ってどんなもの?

高校の時、科学の時間に習った「水素」ことをちょっとだけ思い出してください。
たしか原子記号は「H」で原子番号は「1」だったですね。

構造自体がとても簡単で、原子の中では一番軽くて活性度が高いです。
そして、他の物質とすぐにくっつく性質ですね。
おまけに常温、常圧の環境だと無味・無臭で無色でしたよね。
これが「活性水素」と言います。

「水素水」とは、この活性水素を水に溶かたものです。

なんで水素水が体にいいの?

水素水がなんで体にいいのか疑問ですね。
活性水素は他の物質にすぐくっつくという性質が大きく関係しています。

活性水素を溶かした水素水を飲むと、体内に入った活性水素が素早く活性酸素と結合します。
そして活性酸素を中和・還元してくれるというわけです。
ちなみに悪玉活性酸素のみと結合すると言われています。

つまり、悪玉活性酸素の絶対量を減らしてくれることで体の元気を取り戻すことが出来ます。

そうすれば、体自体の劣化は最小限度になり、新陳代謝も盛んになります。
結果として育毛・発毛に欠かせないヘアーサイクルも順調になるわけです。
最強の抗酸化物質と言うことができますね。

つまりウルトラマンやスーパーマンみたいなすごく頼りになる、すごく強くていいやつなんです。

他に抗酸化物質はないの?

そりゃ〜ありますよ。
ビタミンCやEにβ―カロチンなんかみたいに、食品から摂取できるものがいっぱいあります。

でも、活性酸素を還元するパワーとスピードは、活性水素には及ばないんですね。
だから、活性水素を溶かし込んだ「水素水」が、一番効果的で、一番手軽だっということになります。

注意点とか副作用はないの?

残念ながら、どちらも若干あります。

まず注意点です。
あまり時間の経過したものは、容器の分子構造の隙間を掻い潜って活性水素が出ていってしまいます。
溶け込んでいる活性水素の量が少なくなるっため、効果が落ちてしまいます。

各メーカーの主張している保存期間を守って、飲み切れる量だけを調達しないと拙いですね。

次は副作用についてです。
副作用と言うほどではないかもしれませんが、水素水を飲み始めてから下痢をする人がいるようです。

理由はいろいろ言われています。
悪玉活性酸素が極端に少なくなった結果、
腸内環境が変わって下痢になる好転反応だという人も結構多くいます。

また、腸が元気になりすぎて、便秘を解消しようといっきに活動を始めたためだろ言う人もいます。
これも一種の好転反応っていう感じですかね。

それでも、あんまり下痢が続くようだったら、水素水を一度やめて様子を見ましょう。

水素水で活性酸素を撃退、体を元気にしてハゲ脱出です。

その他の記事

© 2018 【M字ハゲ対策日記】育毛剤で生え際の薄毛を止められるか? All Rights Reserved. サイトマップ
このページの最上部へ