プラセンタの新陳代謝効果はかなり期待できる

新陳代謝を知って、育毛効果を上げるお話の第2弾です。

以前もプラセンタの育毛効果について触れたことがあるんですけど、あの時は栄養って言う側面からのお話でした。

今回はそのプラセンタが、新陳代謝を促進してくれるっていう側面のお話をしていきます。なんか、栄養の側面のお話といくらか重複しますけど、そこはちょっとだけ我慢していただいて、お話を進めていきますね。

改めて訊くけどプラセンタってなんだ?

このサイトに初めて来た方や、前のプラセンタのことを読んでいない方もいらっしゃると思うんで、改めてプラセンタのことを説明しておきますね。

プラセンタって、哺乳動物の胎盤のことなんです。胎盤って、母体の中で胎児を成長させるために絶対的に必要なもので、子宮の中でできるやつです。

んで、胎盤には多種類のアミノ酸や、タンパク質、多種類のビタミンやペプチド、それにムコ類、さらには細胞分裂には欠かせない核酸まで豊富に入ってます。

胎盤ってどうやってできるのかって言うことですけど、まず受精卵ができて子宮に着床することから始まります。受精卵には柔らかい絨毛って言うのがいっぱいあって、それが子宮の内壁とくっ付きます。その絨毛が成長して、やがて胎盤を形成していきます。ちょうど、子宮内壁と胎児の間にできるクッションみたいな感じです。なんだか、生命の神秘って言う感じですね。

んで、胎児の初めの頃って、人の形になってないんですけど、必死になって細胞分裂を繰り返していくうちに、だんだん人の形になっていきます。そうです、胎盤の働きで細胞分裂を促進してるんで、胎盤なしだと胎児が人の形になることはできないんです。

っていうわけで、胎盤には未熟な胎児が正常に成長することを働きかける、成長因子を刺激するものが含まれてるって言うことなんです。胎盤、すげ〜な。

ちなみに、古代中国の皇帝たちは胎盤を不老不死の絶対的な妙薬って考えて使ってたって言いますし、世界の3大美女って言われてた、あのクレオパトラも使ってたとか言われてます。

結構、大昔から、人々は胎盤の効果を知ってたって言うことですね。

でも、現代人が人胎盤を一般的に使うことはないです。主に豚由来と馬由来の胎盤がサプリとして流通してます。ただ、例外的になるのかもしれないですけど、人胎盤を一部医療用として使う例はあるって言います。

プラセンタにはどんな働きがあるんだ?

まず、体全体の機能を正常に保つことですね。各臓器や骨、筋肉や脳の状態をしっかり正常に保ってくれるんで、いつも元気でいられます。

その効果で、美肌・美白効果もありますから、当然ですけ頭皮も良い状態になります。それに、たかいアンチエイジング効果があるんで、血管や血液も凄く良い状態に保つことが出来ますから、これが育活に効果的だって言うことは言うまでもないです。

あとは、アンチエイジング効果のおかげで、女性だけじゃなくて男性にもあることが分かっている更年期障害の症状を、かなりなレベルで改善してくれます。

それに、免疫力向上があげられます。新陳代謝の促進効果で、いち早く疲労を回復させてくれるんで、当然ですけど体内の免疫細胞だって代謝効果で良い状態にすることが出来るんで、免疫力の向上効果があります。

なるほど、それでプラセンタの何が代謝に良いんだ?

まあ、言ってみれば全部が代謝機能向上につながってるんですけど、中でも生理機能のバランスを取ってくれたり、酵素の働きを助けてくれるビタミン類のはたらきは、欠かせないです。

それともっと直接的なこととして、新陳代謝の時に正常な細胞分裂を助けてくれる核酸、それに細胞や、細胞と細胞の結合部分の組成物質になってるムコ多糖体の働きが、すごく高いレベルで細胞分裂とか、その後のしっかりした細胞形成を助けてくれてます。

こういう働きがプレセンタにはあるんで、新陳代謝を高めて育活って言うことには、かなり効果的です。

ちなみにハゲ友は、このプラセンタエキスを現在でも愛用してますから、再びハゲるって言いう心配は少ないのかな。

その他の記事

© 2018 【M字ハゲ対策日記】育毛剤で生え際の薄毛を止められるか? All Rights Reserved. サイトマップ
このページの最上部へ