育毛に欠かせない血液サラサラの話14.よく聞くポリフェノールってなに

育毛に欠かせない血液サラサラの話の第14弾です。今回は、ポリフェノールって言う物質です。

ポリフェノールって、案外聞いたことのある名前かも知れないです。ジミケンも、名前だけは知ってました。それに、ポリフェノールが健康に良いって言うことも、漠然とだけど知ってました。でも、その内容って言うのか詳しいことって、実はほとんど知らなかったです。

なんでかって言われても、あんまり興味がないって言うのか、ハゲとは関係ないんじゃないのかなって、そう言う気持ちがあったからかもしれないです。

だが、しかし、って言う感じでこれが結構ハゲに関係する、血液ドロドロのことになると、意外に関係あったんですね。

もちろん、血液ドロドロを防いだり、サラサラにしてくれたりって言うこと自体が、人が健康的に生きていくうえでは、ものすごく重要なことなんです。だから、ポリフェノールを知っておくことって、かなり重要なことだとも言えますね。

って言うことで、早速ですけどポリフェノールのお話をしていきますね。

名前は結構聞くけど、ポリフェノールってどんなものなんだ?

ポルフェノールって言うのは自然界に五千種類以上存在するって言われてる物質で、植物の持っている色素や渋み、それに苦みなんかの化合物の総称です。んで、それぞれがかなり強い抗酸化作用を持ってますから、アンチエイジングの素材って言うのか、役に立つ物質だって言われてます。

アンチエイジングって老化防止って言うように捉えられますけど、事実老化防止ができれば、生活習慣病の予防につながるって言うことになります。え! なんでかって? 普通、若いうちって、生活習慣病に罹患する率が低いからですよ。

ポリフェノールって植物の葉や茎、それに実なんかに主に含まれてます。んで、ブルーベリーの実や緑茶なんかみたいに色が濃いとか、苦みが強いとか、あと渋いなんていうものに結構いっぱい入ってます。

なんでポリフェノールが注目されたのかって言うことですけど、それは赤ワインだったんです。フランスの人たちがあれだけ高脂質・高カロリーな食生活をしてるのに、その割には心臓疾患の死亡率が低いことが、注目のきっかけでした。それで、赤ワインに注目が集まった結果、ポリフェノールの存在が分かったていうことですね。

それでポリフェノールって体内でどんな働きをしてるんだ?

ポリフェノールの一番の特徴は抗酸化作用なんですけど、それは水酸基が結合した化合物だからって言うことがあります。なんでかって言うと、水酸基には活性酸素を捕まえて消し去っていくって言う能力があるからです。

活性酸素自体は侵入してきたウイルスとか細菌を攻撃して殲滅する役割があるんですけど、一定以上の量になると、人の体の細胞やDNAまでを攻撃しちゃって、老化を早めたりとか、細胞が代謝するときのコピーを失敗させて、ガン細胞を作っちゃたりって言う悪さをします。

って言うことで、ポルフェノール軍団がある程度以上活性酸素が増えないようにって、ちゃんと見張っててくれるんです。ありがたいです、ほんとに。んで、この結果ですけど、酸化による老化や生活習慣病を予防してくれたリ、症状の改善をしてくれるって言う、すごく良い働きをしてくれてます。

まあ、余分な活性酸素を取り除いてくれてるって言うことは、酸化によって引き起こされるすべての要因に、いい意味で作用するって言うことになるんで、体自体が若々しく、元気でいられるから、何に対しても有利になるって言うことですね。

それは分かったけれど、何がサラサラ効果になってるんだ?

そうですよね、ポリフェノールの血液サラサラ効果ってなんだって言えば、やっぱり強力な抗酸化作用になります。

なんでかって言うと、例えばなんですけど血中の中性脂肪とかコレステロールなんかが酸化しちゃうと、簡単に血管壁にくっ付いちゃって硬い血管にしてくれちゃいます。その上、さらにですけど、血中の血球自体も酸化させちゃうケースもあるって言いますから、それだけだけで、ドロドロ血になっちゃいます。

こういった酸化が原因のヤバイ状態を、ポリフェノールは極力防いでくれるし、場合によっては改善をしてこともあります。って言うことで、ポリフェノールが血液のサラサラを維持してくれる、場合によってはドロドロ血を改善してくれるって言う理由はこれなんです。

代表的なポリフェノールの種類と役割

まず、イソフラボンです。大豆や大豆加工製品に多く入ってて、女性ホルモン様の働きをします。5a-リダクターゼの働きを阻止してくれるのも、この女性ホルモン様の効果です。

次はぺスペリジンで、青い蜜柑なんかの皮や筋に入ってます。血流の改善効果があるって言われてますね。

それからカテキンです。茶葉に多く含まれてて、脂肪の吸収を抑制したり、アレルギーの炎症を抑えてくれます。あと、一種の強肝作用があります。

レスベラトールって言うのは、サンタベリーやブドウなんかに多く入ってます。長寿遺伝子って言われてるやつを刺激して、若々しい細胞に代謝することを促進してます。ってことは、アンチエイジングの神様なのかな?

あとは、有名なアントシアニンです。ブルーベリーやビルベリー、それにカシスなんかに多く入ってて、その種類は三百とも四百とも言われるぐらいにいっぱいありますけど、主に目に対して効果的だって言われてます。

他にもいっぱいあり過ぎて、とても書ききれないんですけど、含有量の多い食材て非日常的なやつが多いですよね。まあ、お茶を除いてですけど。

って言うことは、食材から摂取しようと思うと難しいって言うことにるんで、ここはサプリに頼った方が賢明かもしれないです。どの種類のポリフェノールも、体内に留まってる時間は長くないですから、毎日定期的に摂取する必要性があるんで、サプリを使った方が良いと思います。

その他の記事

© 2018 【M字ハゲ対策日記】育毛剤で生え際の薄毛を止められるか? All Rights Reserved. サイトマップ
このページの最上部へ