Q.着色料入りのワックスって害がありますか?

ジミケンさん、初めまして。僕は21歳の大学生です。僕は抜け毛があるとか、そう言うことではないのですが、生まれつき髪の毛の毛質が細くて柔らかいので、濡れるとペッタリとしてしまうと言う感じです。それなのに、なぜか色は真っ黒です。

なんとかボリュームを持ったヘアースタイルにしたと思い、パーマをかけて少し明るい色に染めようかなと思いましたが、友人にパーマやヘアカラーはハゲの原因になると言われてやめました。なにしろ、ただでも少ないって言うのか、ボリューム感に乏しいのですから。

その代わりになるものはないのかなと思っていろいろ探してみたら、ヘアーワックスなのに着色料が入っているというものを見つけました。これだったらヘアカラーとは違うし、パーマとも違うから、髪の毛や頭皮にダメージを与えないで使うことが出来るのかなと思っています。

でも、実際に使った人が周りにはいないし、こういうことに対する知識もありませんから、安全性を確認する方法がありません。このまま使うことは、ちょっと怖いかなと思っています。

ジミケンさんはこういう製品の安全性について、どんなお考えをお持ちですか? もちろんジミケンさんの個人的な見解でいいのですが、教えてください。

よろしくお願いします。

なるほど、ヘアーワックスに着色料の入ったやつですか。ヘアカラーって、髪の毛の表面にあるキューティクルをこじ開けて、中の色を変えるって言うことが基本ですから、まあそれなりに、髪の毛自体が痛みますよね。それに、どうしても頭皮につきがちなんで、頭皮にも影響が出ちゃいます。

それに比べると着色料ですから、キューティクルをこじ開けるって言うことはないんで、髪の毛自体への影響は考えなくてもOKかなって言う感じですね。まあ、この辺のことに関しては、その他から「ヘアカラーやブリーチが怖い理由はこれ」を読んで、参考してください。

あとは、着色料入りのヘアワックスをどうとらえるかって言うことですね。これは難しく考えないで、油性の整髪料に分類して考えましょう。

油性整髪料の良いところって、ちょっとぐらい雨に濡れても流れちゃうことはないから、形をキープしやすいって言うことですね。

問題は油性整髪料のデメリットです。一番問題なのは、メリットであるはずの簡単に流れないってところです。これはもし毛穴に詰まっちゃっても、簡単には洗い流すことが出来ないって言うことですね。

それに、ヘアワックスを使ったあと、石鹸で手を洗っても簡単には取れないって言うことから、洗髪をしても簡単には成分が流れてくれないって言うことになります。つまり、いったん毛穴に詰まっちゃうと、かなり取りずらいから毛穴は詰まりっぱなしになっちゃうことがありますよって言うことです。この辺のことは抜け毛の原因から「気を付けよう!格好いいヘアースタイルと毛穴の詰まり」を読んで、参考にしてください。

まあ、使うときには毛穴に詰めないようにして使うことが、非常に重要だって言うことになります。それと、もし毛穴に詰めちゃった時には、速やかに落とすことが重要になります。

じゃあ、どうやって速やかに落とすんだって言うことですけど、ヘアワックスを落とし難い脂だって考えてみると、方法が分かってきます。

詰まっちゃった整髪料を一種の頑固な皮脂や角栓だと思うと、洗い方や使うものが見えてきます。この辺に関してはシャンプーについてから、「恐ろしい角栓を落とす方法ってあるの」と「皮脂を落とし過ぎないシャンプーテクニック」を読んで参考にしてください。

あと、シャンプーは頭皮に刺激の少ないアミノ酸系のものや、石鹸シャンプーや無添加天然成分の固形石鹸を使ってください。リンスも石鹸シャンプーと同銘柄のリンスを使って、頭皮を弱酸性に保つことをお勧めします。

その他の記事

© 2018 【M字ハゲ対策日記】育毛剤で生え際の薄毛を止められるか? All Rights Reserved. サイトマップ
このページの最上部へ