Q.デブとハゲには因果関係がありますか?

私は子供のころから大学時代まで、ずっと相撲をやっていました。しかし、就職と同時に相撲の道からは遠ざかってしまい、気がついたらすでに10年間も運動とは無縁の状態になっています。しかし、食欲だけは現役の時とあまり変わらないので、かなり食事の量は多いままです。

そうなると、以前は分厚い筋肉の上に厚くついていた脂肪が、薄くなった筋肉の上にそうとう分厚くついている状態になっています。世間一般で言う「デブ」ということです。

その結果なのかどうか、気がつくと抜け毛がひどくなってきていて、もはや薄毛寸前までいっています。

頭皮は入浴時に頭を洗ってから3時間もすると、皮脂を感じるようになっていて、朝は必ず洗髪をしないとベタベタになっています。極端な話をすると、シャワーのお湯をかけて頭を撫でたらねっとりとしているような感じです。変な言い方をすると、整髪料なんかいらない気もします。たぶん、このままいくと必ずハゲるだろうと言う予測があり、かなり怯えています。

そこで、ジミケンさんに質問なのですが、ハゲとデブってなにか因果関係があるのでしょうか。確かにデブでもハゲていない人はいますが、私の観察ではデブにはハゲている人が多いように感じます。

実際はどうなのでしょうか? そして、ハゲとデブにはどんな因果関係があるのでしょうか?

よろしくお願いします。

うう〜ん、大変ですね。ジミケンもM字ハゲになるころと、ハゲ真っ最中の時ってかなり体重が増えてました。ハゲを脱出した今と比べると、8kgぐらいは体重が多かったです。

んで、ハゲとデブの因果関係ってことですけど、確かにあるって言えるような現象はあります。どんなことなんだって言えば、ハゲててデブな人に共通したことなんですけど、かなりっていうのかベリーオイリーなんです。

もっと言えば見るからに相当に脂ギッシュで、ネトネトした感じになってる人が多いですね。特に、年齢がある程度いっちゃってて、御茶ノ水博士になってる人のハゲてる部分を見ると、かなり脂でテカってます。あの部分を触ろうって気持ちには、まったくなれないですね。

質問者様の場合、まだ薄毛までは行ってないって言うことですけど、朝、シャワーのお湯を当てると髪の毛がネットリするって言うことは、浮き出てる皮脂がお湯で髪の毛に流れてくるからだと思います。

つまり、頭皮の状態は御茶ノ水博士になってる人と、まったく変わることがないって言う感じで、そうとう脂ギッシュになってるんでしょうね。

んで、なんで脂ギッシュがいけないのかって言うことなんですけど、それは生活習慣が影響してるからです。ジミケンもそうだったように、飲んだ後の〆のラーメン、それもトンコツ濃厚スープに背脂チャッチャのやつとか、飲んでるときの酒の肴が脂っこいものばっかりだとか、タバコは吸い放題だとか、そんなことが脂ギッシュの原因になることが多いからです。

それに加えて、とても栄養バランスの良い食事内容じゃなないです。タンパク質と脂質は必要以上に摂ってますけど、ビタミンやミネラルはどこへ行っちゃったんだよっていう内容ですから、髪の毛が育つわけはないです。それに、体中の細胞がちゃんと代謝してくれてるのかどうか、分からないですよね。

なんでこれがいけないのかって言うと、頭皮の毛穴に脂が詰まっちゃって毛根が栄養を受け取れなくなることと、もうひとつ重要なことがあるからです。それは血行・血流の問題です。

どんなことなのかって言うことですけど、まず太っちゃうと血管を圧迫しちゃってそれ自体で血行・血流が悪くなるって言う大きなことがひとつあります。これ、かなりヤバイですね。

それと、血液自体に問題が起きるケースもあるんです。どんなことかって言うと、まず高脂血症なんかには、ほぼ間違いなくなっちゃいます。それに、高血圧ですね。

あと、高カロリー食ばかり食べてますから、当然のように糖尿病のことも心配しなくっちゃあだめです。事実、ジミケンも糖尿病スレスレのところまで行っちゃいましたし、血圧も一時期は何と140以上になったこともありました。

こうなると、なんだか生活習慣病の展示会場に自分の体がなっちゃったみたいで、どうにでもしてくれって感じになりかねません。

でも、この血行・血流が悪いって言うことは絶対的に育活には不利です。栄養バランスの狂った食事でドロドロになった血液。それが、ビタミンやミネラルの摂取を無視した結果、ヤバくなった血管をスムーズに通過できるわけはないです。

血液ドロドロの条件として、高脂血症、糖尿病なんかも併発してると、今度はハゲだけじゃなくて、命の心配すらしなくっちゃいけなくなります。

質問者様の文面ですけど、食欲は現役の時と変わらないってありましたけど、まさにここにあげたケースそのままじゃないんですか?

もしそうだったら一刻も早く、食生活を見直してください。食材のバランスもそうだし、量もです。

ジミケンが通ってた大学にも相撲部ってありました。ジミケンたち剣道部員も、一般の学生から比べるとおそらくその倍ぐらいは喰ってるんですけど、相撲部員ってジミケンたちのさらに倍ぐらいは喰ってましたから、どのぐらいの量を現在も食べてるのかって、想像ができます。

まず、栄養バランスのことを考えて、その上で量を今の40%ぐらいに落としてください。一気に量を減らすのは大変でしょうから、一ヶ月ぐらいかけて徐々に落とすことですね。どうしても量的に満足感がないんだったら、コンニャクゼリーなんかで満腹感を出すと良いです。ジミケンもやりましたから、それなりに効果ありますよ。

あと、大学まで体育会系にいた人って、体力的には異常に自信があるんで、かなり不規則な生活をしちゃいがちです。これは、かなり拙いんで、必ず規則正しい生活を心がけてください。この辺のノウハウは「育毛のためにしたいこと」に出てますから、全部読んでみてください。

育活、頑張ってくださいね。

その他の記事

© 2018 【M字ハゲ対策日記】育毛剤で生え際の薄毛を止められるか? All Rights Reserved. サイトマップ
このページの最上部へ