Q.グレープフルーツで育毛が出来るって本当ですか?

私はごく一般的な、34歳の会社員です。いまだに独身なのは、別に独身主義者と言うことではなくて、単に女性と縁遠いだけです。

原因はいろいろあると思いますが一番の原因と言うことになると、準若ハゲだと思っています。人間の第一印章と言うことになると、瞬時に見た目で判断されてしまうと言うことが、いろいろな本に書かれていますから、残念ながら多くの日本人女性はハゲを敬遠することは仕方のないことだと、もはやあきらめの境地になっています。

しかし、一方では何とかしてハゲ脱出をしたいと、強く思っていることも事実です。その割には、あまり大したことをしているわけでもないので、えらそうなことは言えません。

現在は、申し上げたようにはっきりした若ハゲではなくて、薄毛が進行しつつあるとった程度という状況です。対策としてなにをしているのかと言えば、石鹸シャンプーと同銘柄のリンスの使用、総合ミネラルのサプリ服用、育毛剤の使用と言ったところです。

効果の面で言うと、今現在は、ほとんど効果なしと言いうところです。かろうじて育毛剤の効果なのか、多少ですけれども抜け毛が減ってきたと言うことはありますが、それ以外には何もないです。

そんな中で、グレープフルーツが育毛にはすごく良いって言う話を聞いたのですが、本当なのでしょうか? 本当だとしたら、どんな根拠があるのでしょうか?

本当なのでしたら好きなフルーツではないのですが、グレープフルーツを毎日食べようかと思っています。
ジミケンさん、よろしくお願いします。

そうですか、準若ハゲなんですね。しかも、いまだ進行中って言うことは、状況的にはあんまり良いっていうことじゃあなさそうですね。

まず、ご質問のグレープフルーツについてですけど、確かに育毛効果って言うのか育活には効果的な要素が、かなりあります。まあ、グレープフルーツだけじゃなくて、柑橘類全般にいえることでもあるんですけど。

なにが良いのかって言うと、豊富に含まれてるビタミン群ですね。特にビタミンB群には皮脂の異常分泌抑制、細胞分裂の活性化、タンパク質の生成促進なんていう重大な効果があります。これ、育活には欠かせないです。

他にもビタミンCの頭皮正常化とか、ビタミンEのアンチエイジング効果とか、言ってみれば育活のためにの必要な要素がいっぱい入ってます。

それに、育活には必要不可欠って言う感じの亜鉛を、キレート結合と言う、必須ミネラルを結合して体内に運んで、吸収しやすくしてくれる働きもしてくれてます。このキレート結合はビタミンCの働きによって、促進されますから柑橘類を摂ることでより高まります。

他にも、柑橘類の皮に含まれてるリモネンって言う成分には、強いリラックス効果があるんで、強いストレスから解放してくれる効果もあります。これ、ハゲ防止にはかなり効果的です。

それとこのリモネンですけど、最近分かってきたことの中には、あの諸悪の根源である5a-リダクターゼの働きを阻止してくれる効果があるんです。中でもミカンにはレモンの6倍、グレープフルーツの20倍のリモネンが入ってるって言われてますから、なんとか皮ごと食べることを考えましょう。例えば、マーマレードみたいにしちゃうとか、皮ごと砂糖漬けにするなんて言う方法も良いですね。

あと、柑橘系の果肉を包んでる袋があるんですけど、この中にリジンとヒドロキシプロリンって言うのが含まれてて、こいつらが毛乳頭細胞の増殖をかなりの勢いで促進してくれる(一説によると通常の1.5倍)って言いますから、袋ごと食べちゃうことはかなり良いって言ういことですね。

こんな感じでグレープフルーツだけじゃなくて、柑橘類ってかなり育活にはいい効果があるって言うことですね。

そこで、なんですけど、ご質問の文面から読み取れる範囲で、生意気なようですけどアドバイスをさせてください。

まず、食事のバランスですね。これ、文面には書いてなかったんですけど、バランスのいい食事は絶対的に必要です。

それと、睡眠ですけど、いわゆる育毛の黄金の時間帯(22:00〜02:00)の間の睡眠が必要です。必ずその時間に寝てろって言うことは、かなり難しいですからせめて00:00にはている必要があります。これは、成長ホルモンが一番分泌される時間帯だからです。

もし、この時間帯に寝ていることが不可能なんだったら、寝てからの2〜3時間は熟睡できるようにしておく習慣を付けてください。寝てからの2〜3時間は、黄金の時間帯に次いで成長ホルモンの分泌が盛んだからです。

あとは、ストレス発散です。ストレスが溜まると、どうしても自立神経に悪影響があるんで、ホルモンバランスなんかも狂っちゃいます。そうすると、男性ホルモンが過剰分泌されちゃって、諸悪の根源5a-リダクターゼと出会っちゃうケースも増えて、巨悪のジヒドロテストステロンを作ってハゲるケースにつながることがあります。ストレス、怖いです。

んで、ストレス発散には、全身に汗を掻く程度の強度を持った有酸素運動が良いんです。さらに、適度な強度を持った有酸素運動って血中の酸素濃度をあげてくれます。

そうすると男性ホルモンであるテストステロンはタンパク質と結婚してくれますから、5a-リダクターゼとは結婚できなくなるんです。え! なんでかって? それは5a-リダクターゼがテストステロンと結びつける条件に、相手が独身のフリーテストステロンであることって言うのがあるからです。つまり、結婚してるカップルには、さすがの諸悪の根源も手を出せないって言うことですね。

まあ、他にもいろいろあるんですけど、この辺は「育毛のためにしたいこと」と、「抜け毛の原因」なんかを全部読んでなるべく多くのことを実践してみてください。

育活をがんばりぬいて、ハゲ防止&育毛・発毛を達成して、婚活も成功させてください。

その他の記事

© 2017 【M字ハゲ対策日記】育毛剤で生え際の薄毛を止められるか? All Rights Reserved. サイトマップ
このページの最上部へ