Q.クエン酸サイクルに育毛効果があるって本当ですか? (1)

いきなり失礼します。ジミケンさん、水素水が髪の毛に良いって聞いたんですが本当でしょうか。私は28歳になるサラリーマンで、営業職の男です。

先日お得先の方と会食という名目の飲み会をやった時に、先方の方が「俺さ、二年前から水素水を飲んでるんだ。そのおかげで、薄毛が治ってきたんだよ」と、得意そうに言ったんです。

そう言えば、確かに髪の毛がフサフサしてきたと、以前から思っていたのですが直接聞くわけにもいかず、不思議に思っていました。

なぜそう言うことを気にするのかと言えば、私も抜け毛で悩んでいるからです。たぶん、今の状態だと、数年のちにはハゲになるだろうと諦めていました。しかし、もし水素水の効果があるのだったら、ぜひ私も飲んでみようかと思っています。

私には、水素水の効果があるとすれば、いったいどういう理由で効果があるのか、副作用はないのかなどと言う知識が全くありません。

そこで、ジミケンさんに質問をさせていただいています。お分かりの範囲で、ぜひこのへんのことを教えてください。抜け毛のせいで、彼女とも何となく上手くいかなくなっていて、プロポーズもできなくなっています。

よろしくお願いします。

なるほど、良く分かりました。抜け毛の悩みや怖さって言うことは、絶対に本人じゃないと理解不能なケースが多いですよね。彼女とのことだって、そういうことを知らない人は、普通にしていればいいじゃないかって簡単に言いますけど、これだって本人じゃないと分かりませんから。

んで、水素水の効果ですけど、プロペシアなんかみたいに直接5a-リダクターゼの働きを制限しちゃって、抜け毛を止めるって言うことじゃあないです。もっと、体の根源にかかわる働きをしてくれます。

どういうことかって言うと、有害な活性酸素を排除してくれることがひとつですね。って言うことは、体が酸化することを防いでくれるって言うことです。まあ、一種のアンチエイジングって言うことにつながります。それに、重大な疾病を予防してくれる効果もあって、ガンとか脳梗塞、心臓病なんかのリスクの低減や症状改善が期待できますね。

それと、活性酸素って全部が悪玉ってことじゃあないんですね。善玉のやつもあるんですよ。ビタミンCとかE、それにポリフェノールって言うものも抗酸化作用が高いんですけど、悪玉だけじゃなくて、善玉の活性酸素も一緒にやっつけちゃうんですね。でも、水素水は悪玉だけをやっつけてくれるから、かなりいい効果だって言えますね。

特に悪いやつがヒドロキシルラジカルとペルオキシナイトライトの二種類で、こいつらが大量に発生すると細胞に大きなダメージがあります。水素水は、間違いなくこいつらもやつけてくれます。この反応は確実で力強くてかなり素早いから、即効性に近い効き目があります。

って言うことで、生命の根源ともいえる細胞レベルの段階で、しっかり酸化から守ってくれますから、体自体を元気にして育毛に貢献できるって言うことなんですね。

それと、いわゆる老化で頭皮が衰えてしまうことの理由として、グロスファクターって言うやつの減少があるんです。このグロスファクターってあんまり聞いたことがないかもしれないですけど、新陳代謝には欠かせない物質で「細胞再生因子」とも言われてます。

つまり毛母細胞が細胞分裂を起こすことに、直接働きかける働きをしてるんですね。まあ、髪の毛だけじゃなくて、体中の細胞全部に対してですけど。だから肌なんかにとっても大切なことです。アンチエイジングにとっては、欠かせないものですね。

んで、グロスファクターが減少しちゃった頭皮って、かなり硬くなりますから、血行・血流が悪くなっちゃうんです。つまり、毛母細胞に栄養素がいきづらくなるんですね。これをアンチエイジング効果で防いでくれるし、再生もしてくれるって言う効果があります。

それと、グロスファクターですけど、加齢とともに量が減っていくんです。20代がピークで30代になるとその半分近くに減っちゃうって言うデータもありますから、やっぱりアンチエイジングで保っておく必要がありますね。

って言うことで、水素水には抜け毛防止効果や育毛効果があるって言うことになります。あと、副作用って言うようなことは特にはないって言います。

でも、人によっては軟便や下痢になることもあるって言います。ただし、このケースの人が、どのぐらいの量を飲んだのかって分かってないので水素水のせいだって、一概には言えないです。なんでかって言えば、普通の水だって飲み過ぎれば腹が痛くなるからです。

抜け毛だけじゃなくて、体全体のことを考えても、飲んでみる価値はありって言う感じですね。

その他の記事

© 2018 【M字ハゲ対策日記】育毛剤で生え際の薄毛を止められるか? All Rights Reserved. サイトマップ
このページの最上部へ