Q.カビが原因の脂漏性皮膚炎って言われました.どういうことでしょうか?

私は35歳になる既婚男性です。職業はサラリーマンで、総務部人事課に勤務しております。ご承知のように、かなりストレスのあるポジションでして、嫌なことはかなり多いと言うのか、むしろ嫌なことの方が多いですね。

話がそれて、すみません。実は二週間ほど前に、頭皮に異常を感じて皮膚科にいきました。痒みもあったし、何よりも皮脂の分泌が激しくなって、同時に抜け毛も増えてきたからです。

診断の結果「カビが原因の脂漏性皮膚炎」ということでした。その時はなんだか嫌な感じがして、詳しく訊かなかったのですが、カビが原因とはどういうことなのでしょうか? 今回は上手く治療が進んでいて、症状も好転していますが、場合によっては再発の可能性はあるのでしょうか?

あの時の抜け毛の激しさを思い出すと、かなり恐怖心があります。まだ、ハゲたくはないし、できれば白髪にはなっても一生ハゲとは無縁でいたいと願っています。

どうしたら再びこんなことにならないで済むのか、また、ハゲとは縁遠いところにいるためにはどうしたらいいのかということを、ジミケンさんにお訪ねしたいと思います。

どうかアドバイスを宜しくお願いいたします。

そうですか、カビが原因だったんですね。

ご存じのとおり日本の梅雨時から夏って、高温多湿です。この条件は、カビにとっては大繁殖をするためには、願ったり適ったりっていう条件なんですね。

まあそれは置いておいて、他にもこの季節って紫外線が強烈だったり、ひどく汗をかいたりします。こういった諸々の条件が、皮膚のトラブルを引き起こすんです。その中のひとつに、脂漏性皮膚炎があります。

脂漏性皮膚炎って、皮脂の分泌の多い場所(鼻の周りや頭皮なんかがそうです)に多く発症するって言われてます。皮脂は皮膚そのものや髪の毛を保護してくれてるんですけど、多すぎると吹き出物なんかができて、皮膚炎を誘発するんですね。メカニズムですけど、皮脂が酸化すると、脂肪酸になって皮膚を刺激して炎症を起こすって言われてます。それに、脂肪酸ってちょっと臭いんですよ。

んで、症状としては皮脂の分泌が大量になりながらも、フケが出てくるケースが多いです。頭皮が赤くなって炎症を起こして、ちょっと湿ったようなフケがいっぱい出るって言う人も多いですね。

要するに、なんて言うのか矛盾した言い方ですけど、ちょっと湿ったカサツキが出る感じです。もちろん、湿らないカサツキの人もいますから、他の皮膚炎と勘違いしてるケースもありますよ。

その脂漏性皮膚炎の原因の一つに、困ったことがあって常在菌の中のひとつの「マラセチア」って言うカビの一種がいて、皮脂の分泌が増えるとそれを餌にして異常繁殖を起こすことがあるんですね。要するに「謀反」というのか「反乱」を起こしてくれるっていうわけですね。その結果、皮膚炎に罹患するって言うことが、カビが原因の脂漏性皮膚炎のメカニズムです。質問者様の場合もこのケースだと思います。

まあ、頭皮にカビがいるって言うと驚く人がいっぱいいますけど、このマラセチアって、顔にもいるんですよ。んで、このカビが原因の脂漏性皮膚炎になると、ひどい場合は首筋から背中の辺りまで、炎症の範囲が広がっちゃうこともあるんです。

って言うことは、皮脂の異常な分泌が起こると再発するケースがあるって言うことになります。つまり、皮脂の異常な分泌を押さえなくては、いつ謀反や反乱を起こされるのか、全く予測できないって言うことになっちゃいますね。

んじゃあ、なんで皮脂の分泌が増えたのかって言うことが問題で、原因はストレスによる自律神経の乱れでホルモンバランスを狂わせたこととか、シャンプーのし過ぎで皮脂を落とし過ぎているとか、シャンプー成分をしっかり落としきっていないとか、ビタミンB群の不足なんかが考えられます。

こういうことをしっかりなくして皮脂の異常分泌を抑制しないと、再発を繰り返してしまって、ヘアーサイクルを乱しきって、やがてハゲになるって言うことですね。

特に人事課の仕事って、他の社員の知りたくない秘密みたいなことも知るケースもあるでしょうし、嫌なリストラや首切りを命じられることもあると思います。ジミケンだって、人事課の人は怖いですから。気にしてるのは、人事考課測定よりも人事課の人の評価の方かもしれないです。

とはいっても、誰にでもできる仕事じゃないし、誰かがやらなきゃいけない仕事ですから、あんまりそれをストレスに感じないようにすることが、かなり大事なことになります。ストレスって、体の不調のあらゆる部分に関係しますから。

でも仕事をしてると、確実にストレスがかかります。だから、ストレスがかかることは仕方ないから、どうやってストレスを発散させることができるのかって、この一点を考えてください。

何か、全身運動を定期的にやって汗をいっぱい掻くことなんかも、ストレス発散と同時に血行・血流を確保して、体の隅々まで人体の○○急便(血液です)が行き渡って、必要な栄養素が行き渡るようにすることができます。一石二鳥ですね。

そのほかにも、何かのクラブに入って同好の士と時間を共有すると、不思議に満足感が高まって、ストレスを発散できることも多くありますよ。

あとは、食事や睡眠のタイミングなんかに気遣って、とにかくヘアーサイクルをきちんとすることを心がけてください。

育毛のためにしたいことから「毎日規則正しい時間に寝て睡眠リズムを整えること」と、「ある程度の運動をして汗をかくことが大事」。それに「水素水で活性酸素を撃退して体を元気にしよ」あたりの記事を読んで、参考にしてください。

その他の記事

© 2018 【M字ハゲ対策日記】育毛剤で生え際の薄毛を止められるか? All Rights Reserved. サイトマップ
このページの最上部へ