Q.ヘビメタバンドやってるんで染髪の影響かハゲてきた

俺は33歳になるヘビメタバンドをやっている男性です。ギタリストで、リードギターを担当してる関係で、ライブなんかでもギターソロのシーンが多くあって、それなりの評価は受けてるつもりです。

バンド歴は既に15年ぐらいになり、その間ずっと長髪で染髪をしてます。まあ、いわゆるベースカラーは「ドキンパ」って言う感じの色ですから、一度脱色をしてから染めるって言うやり方じゃないと、良い色が出ませんね。おまけに、メッシュみたいにしてパープルやグリーンなんかも入っています。それを15年やってます。

その影響なのか、1年ぐらい前からかなり抜け毛が増えてます。額の生え際なんかも、ちょっと後退気味かなと、自己判断できる程度にまでは広がっています。

ジミケンさんのサイトで読ませてもらった中に、髪の毛を染めたりパーマをかけたりすると、頭皮に悪影響があるからハゲると言うのがありましたけれど、やはり本当なのかなって、かなり悩んでます。

なにか、頭皮をイジメないで髪の毛を染める方法ってないものでしょうか? 女性じゃないけれど、俺たちヘビメタの連中にとって、髪の毛はある意味で命という側面もあります。何しろ、イメージを固める大切なパーツですから。アクササリーやファッションと同じような、自分を表現するための大切なアーチファクトというわけなんです。

もし、そんな染め方はないと言うことだったたら、何かこれ以上抜け毛が進行しない方法はないでしょうか?

どうか、よろしくお願いします。

ヘビメタですか。ジミケンもかなり好きな音楽のジャンルです。特に、ギターソロって、相当好きですね。なってたって、格好いいし、それにヘビメタの人たちのギターって、結構上手いから好きですね。

それは置いておいて早速ですけど、正直に言ってしまうと「頭皮に優しい染め方」はあることはあるって言います。それも、どの程度優しいかって言うことまでは、ちょっとわからないです。あくまでも、人によって感じ方の個人差がありますから。でも、あくまでも染髪でして脱色じゃあないです。

質問者様の場合ですけど、いったん脱色をしてから染めるって言うことですけど、頭皮に柔しい脱色って言うことを聞いたことがないです。それと、脱色自体が毛幹に与えるダメージは大きいです。

つまり、脱色&染髪をやっている以上は、頭皮に与えるダメージから逃げられないって言うことになっちゃいますね。

んで、いくらヘアーサイクルを正常に保つ努力をしても、もう片一方でそれを壊しちゃうと、果たしてどの程度の効果があるのかって言う問題になります。それを覚悟でやるんだったら、育毛のためにしたいことを全部読んでみて、実践してみてください。

あとは、「カツラ」をオーダーメイドして使うって言う方法もあります。地毛を短髪にして、ステージではヅラで勝負って言うのは、ヘビメタスピリッツ(こんな言い方ってありましたっけ?)に反するから駄目って言う感じですか? 

とにかく、15年も脱色&染髪をやっていて、いまだにハゲていないことの方が、かなりすごいことだと思います。あの元ロックギタリストでプロレスラー、「ハルク ホーガン」だって、若いころから額は後退気味だったですから。彼は、もともと地毛が金髪ですから、染めたり脱色したりって言うことじゃないですけど、あれはあれで格好いいですけど。

すいません、横道にそれました。とにかく、育毛のためにしたいことを実践しながら、現状がどうなるのかを見て、どうしても抜け毛が止まらなければ、ヅラを被ってステージに立つか、ハルク ホーガンを覚悟する必要があると思ってください。

なんか、突き放すような言い方になって申し訳ないんですけど、それほど脱色や染髪って頭皮を傷めるっていうことなんです。

お役になてなくて、申し訳ない。

その他の記事

© 2017 【M字ハゲ対策日記】育毛剤で生え際の薄毛を止められるか? All Rights Reserved. サイトマップ
このページの最上部へ