Q.急激に抜け毛が増えて、すごく心配です

私は35歳、既婚男性です。

実は十か月前から、急に抜け毛が増えて、薄毛になりつつあります。理由は、たぶんストレスだと思っています。

定期の異動ではなく突然の移動で、職場が変わりました。それまでの本社勤務から、通勤圏内ですが、片道一時間半はかかる郊外の支社へ移動になりました。別に支社に移動することがストレスではないのですが、移動の原因にストレスを感じています。上司が使い込みをして、懲戒免職になったあおりで、私まで移動になってしまったからです。

抜け毛が始まる前の症状として覚えている限りでは、頭皮に痒みが出て、それから髪の毛自体が弱弱しくなってしまったということがあります。フケが出るようなことは、今のところないのですが、掻くと爪の間に湿ったようなフケが着いてい来ることもあります。

三ヶ月前からプロペシアを服用していますが、抜け毛の進行に変化はありません。このままでは確実にハゲると思うと、なんだかあのバカ元上司を殺してやりたくなります。

どうにかして、ハゲにならないで済む方法はないでしょうか。ジミケンさん、何かいいアドバイスをいただけないでしょうか。よろしくお願いします。

何だか、本当に悲しいお話ですね。上司の横領に無理やり連座させられたって言う感じですもんね。ありえね〜って、叫びたいですよね。殺してやりたくなる気持ち、十分にわかります。でも、そんなことをしたら、もっと大変な人生になっちゃいます。ここは、グッとこらえましょう。

んで、ご質問のことですけど、やっぱりきっかけは強いストレスでホルモンバランスが狂ったことでしょう。それで、髪の毛が弱弱しくなって、痒みとかも出たのかもしれないですね。

それと気になるのが、掻くと爪に湿ったフケが着いてくるって言うことですけど、もしかしたら脂漏性皮膚炎になってるかもしれないです。この場合、プロペシアなんて何の役にも立たないです。すぐに皮膚科を受診してください。ひどくなってからでは、治療にかなり時間がかかりますし、抜け毛はひどくなるだけですから。

あとは、何しろストレス発散をしないと、何をやっても効果が出ない可能性もあります。ストレスって、自律神経の働きを狂わせちゃいますから、当然ですけどホルモンバランスが狂います。

んで、毛根付近に潜んでる5a-リダクターゼと結託して、分泌されたテストステロンを悪玉の脱毛ホルモンに変化させちゃうことで、抜け毛が増えるって言います。さらに、自律神経に変調を起こすと、すぐ近くにある甲状腺にも影響が出て、甲状腺ホルモンの分泌異常がおきるケースもあるって言います。

甲状腺ホルモンの分泌が少ないと、栄養素の吸収が少なくなるから、髪の毛に必要な栄養素も行き渡らなくなります。何しろ、人体を支える栄養素は、優先的に臓器などから配給されて行って、生命維持にそれほど必要のない爪と髪の毛って一番後回しですから、栄養素の吸収が減ると、確実に悪影響を受けます。

ストレス発散の方法っていろいろありますけど、汗を掻く程度の有酸素運動をおすすめしたいですね。筋力・心肺機能に自信があるんだったら、チャリで長距離を走るって、かなりいいですよ。

むきになって急坂を駆けあがって上り切った時の達成感を得たり、行先を決めて、途中、途中にセルフチェックポイントを置いて、すべてクリアーしてみたりなんてやってると、嫌なことが頭ら抜けていきます。この時、脳内にはエンドルフィンが溢れてくるから、本当に満たされた感覚になれます。

って言うことで、皮膚科を受診して、もし脂漏性皮膚炎だったらその治療をしっかりやって、その一方でストレス発散を心がけてください。

あと、育毛のためにしたいことは、全部読んでみて実践してください。嫌なことも、辛いこともあるけど、お互いに負けないで生き抜いていきましょうね。

その他の記事

© 2018 【M字ハゲ対策日記】育毛剤で生え際の薄毛を止められるか? All Rights Reserved. サイトマップ
このページの最上部へ