Q.抜け毛がないのに薄毛になってきています.

私はジミケンさんと同じ36歳になる男性です。じつは、最近薄毛になってきて悩んでいます。しかも、抜け毛はほとんど見当たらないのに、気がついたら薄毛っぽくなっていました。

私は子供のころから髪の毛が太く、量も多くて、床屋さんが苦労するぐらいだったのですが、いつの間にかいわゆる猫毛になっていました。その後、だんだん薄くなってきたと言う感じです。

まあ、もともとの量がかなり多いのでスカスカと言う感じではなくて、普通の人なみになったかなという感じなので、他人にはばれていないと思いますが、妻は最近薄くなったと言います。

良く生活習慣が抜け毛に影響があると言いますが、自分では生活習慣は悪くはないと思っています。付き合い酒でもない限りは、遅くても12時には寝るようにしていますし、自称ですがベジタリアンですから、脂っこいものはあまり食べていません。

職種は営業職でポジションは係長ですから、それなりのストレスはあると思いますが、自分ではストレスを溜めていないと思います。

この原因の分からない薄毛は、やはり進行するのでしょうか。今のうちに何とかしないと、やがてはハゲになると確信しています。せめて、娘が大学に入るぐらいまではハゲになりたくないし、格好いい父親でいたいと思っています。それに、ハゲたら妻にもどう思われるかと、すごく心配です。

ジミケンさん、どうかよろしくお願いします。

そうですか、心配ですよね。でも、抜け毛がなくて薄毛はあり得ないですよ。たぶん、猫毛なのであまり目立たないから、抜け毛に気付いていない可能性もありますね。一度、シャンプーをするときに、排水溝にガーゼを当てて抜け毛チェックをしてみてください。それと、朝起きた時に枕に何本か髪の毛がついてませんか。これも要チェックですね。

それと、気がついたら猫毛にということですが、何か髪の毛に栄養素が届きづらい環境になっていることが予想されます。こういうことの原因って、結構ストレスがかかわってることがあるんですよ。自分じゃあ気づいていないけど、知らないうちにストレスを溜めこんじゃってることってあるんです。

毎度言いますけど強いストレスって自律神経をやっつけちゃいますから、ホルモンバランスも狂ってホルモン失調になりがちです。そうなると、5a-リダクターゼと男性ホルモンが結託して、抜け毛がおきます。

って言うことは、何かの原因で血行・血流が悪くなって、極細の毛細血管しか通ってない頭皮の環境が悪くなったことと、ホルモン失調のダブルな原因があるかも知れないですね。

この辺のことは抜け毛の原因から、「過剰なストレスは髪や身体に大きなダメージを与える」と、「今男性に多いのは男性ホルモンが原因の抜け毛」を読んで参考にしてください。

それと抜け毛対策ですけど、やっぱり体と精神の健康を保って、ヘアーサイクルを正常にする必要がありますね。他にも気がついていないけど、実は毛穴が角栓で塞がれてるって言うこともあります。

この辺のことは、育毛のためにしたいことを全部と、シャンプーについてから「恐ろしい角栓を落とす方法ってあるの」を読んでみてください。

この角栓ですけど、ジミケンのハゲ友がやっていることがあります。本人曰くの「必殺! 角栓流し」なんですけど、毎日どんな方法でも良いから頭らもダラダラ汗が流れるようなことをやる。そして汗が出ているうちに、きっちりシャンプーで洗うって言うことです。

彼は大学時代はレスリングの選手だったんで、汗を流すためにレスリング流のトレーニングをしてるって言ってます。軽くアップとストレッチをしてから、レスリングの基本トレーニング(内容は分からないですけど)をみっちりやるって言ってます。

彼はジミケンよりも少し年長でもうじき40歳になりますけど、確かに髪の毛が増えてきているなって思えます。こういった一連のことは彼にとっては効果があるのかもしれないですね。全身運動なんで血行・血流は確保できますから、理屈はあってますよね。

こういった運動効果も視野に入れて、育毛のためにしたいことをやってみてください。あ、そうそう、育毛のためにしたいことは全部読んでくださいね。ちょっと面倒くさいって思うかもしれないですけど、実践してください。頑張りましょう。

その他の記事

© 2018 【M字ハゲ対策日記】育毛剤で生え際の薄毛を止められるか? All Rights Reserved. サイトマップ
このページの最上部へ