Q.シャンプーの時にブラシみたいなものを使うのはOKですか?

私はひどい脂性なので頭皮の脂もすごく、普通に指で洗っただけではかなり皮脂が残っているような気がします。何かスッキリしないので、いい方法はないものなのかなと思って調べていたら、サク○スなんかで出しているような、シャンプーの時に使うブラシのようなものが良いと分かりました。

しかし、あのようなもので頭皮をゴシゴシやることには、何か問題があるような気がしてなりません。先端の形状や材質の硬さなどにもよるのかもしれないですが、本当に頭皮が傷ついたりはしないのでしょうか。もし、使っていい結果が出るようだったら、使ってみたいと思っています。

ちなみに私は34歳になる、平均的なサラリーマンです。今のように脂性になったのは、現在の係長職を拝命してからです。それまで頭皮も顔も、決して脂性ではなく、普通の感じだと記憶をしています。

脂性になったと自覚をしてからは、朝のシャワーを欠かさずにやっています。もちろん、その時にシャンプーもしています。何かの記事で読んだのですが、すすぎがいい加減だと頭皮に悪いと言うので、完璧に洗い流しています。それと、目立った抜け毛はありませんが、髪の毛は以前よりも細くなったと思います。

ジミケンさん、よろしくご指導をお願いします。

うう〜ん、質問者様のケースはご本人の自覚、無自覚は別にして、やっぱりストレスなんじゃないかなって思いますね。

企業規模の大小は別にして、ジミケンも係長職を経験してます。あれって、かなりストレスが溜まりますよ。中間のそのまた中間の管理職とは言えないような役職ですけど、上からは成果を求められ、下からは突き上げを喰らいながらって言う程度が、結構すごかったですかね。むしろ課長になってからの方が、周囲も自分も納得のいく状況になってます。

まあ、ストレスの影響って自分で考えてるよりも、かなり肉体と精神には悪影響があるんですね。特に髪の毛には、大きな影響がありますね。

髪の毛が以前よりも細くなったって言うことですけど、これは必要な栄養素が必要なだけ髪の毛に届いてないって言うことです。なんでかっていうと、頭皮の状態が良くないからです。

そのひどい脂性って言うのが第一歩で、ストレスでホルンバランスが失調しちゃうから起きるケースもあるんですね。んで、5a-リダクターゼと結託して、抜け毛が起きるのが次の症状って言うことになりますね。これで、ハゲへの道を歩き出すって言うことになります。

それと頭皮の色ですけど、どんな色になってますか? 白とか青白い感じだったら健康って言ってもいいんですけど、ピンクとか薄黄色なんかだとちょっとヤバイです。さらに、赤だともっとヤバイです。抜け毛が始まるのが、だいたい赤くなってからですね。これが褐色になっちゃうと、ほとんど薄毛からハゲって言う感じになってますけど。

多分まだ赤くなってないと思いますから、今が対策を実施するチャンスですね。頭皮の環境をしっかり改善して、血行・血流を良くして必要な栄養素を必要なだけ髪の毛に届けられる環境を作りましょう。この辺のことは、育毛のためにしたいことを全部読んで実践してください。

それと、ストレスを自覚していなくても、ストレス解消の手段を実践してください。他の人にも言ってるんですけど、全身に汗を掻くぐらいの強度を持った有酸素運動をしてください。種目はなんでもいいですけど、とにかくやってる間はなにも考えることが出来ないぐらい没頭できるやつが良いです。

最近ジミケンがお勧めしてるは、スポーツバイクで遠出をすることです。アップダウンのあるコースをひた走って、景色の移り変わりや季節の移り変わりを肌で感じると、なんだかスカッとするからです。かなりきつい登りを、歯を食いしばって登りきたときの達成感なんて、かなりいい感じですよ。剣道の稽古に加えてたまにやってますけど、剣道では味わえないことを、スポーツバイクでは味わえます。

それと、シャンプーにブラシみたいなやつを使うのは、かなりヤバイと思ってください。質問者様が言っているとおり、先端の形状や硬さに大きく影響されるんですけど、ご自分の頭皮にはどの程度のものが良いのかなんて分からないからです。

それと、頭皮の皮脂が取れすぎても過剰な皮脂の分泌につながります。皮脂って、雑菌や紫外線、埃やちょっとした薬害から頭皮を守ってくれるんで、皮脂が落ちすぎてると足りないという判断をされて、もっと皮脂を分泌されちゃうからです。

その結果、毛穴を詰めたりすると毛根が弱ってしまうから、抜け毛=ハゲへの道って言う感じになっちゃいますね。

っていうわけで、シャンプーも一日一度。それも、頭皮に刺激の少ない石鹸シャンプーや、無添加天然成分の固形石鹸を使った方が良いです。それと、石鹸シャンプーとセットで使える、頭皮を弱酸性にしてくれるリンスを使ってください。

んで、朝のシャワーですけど、湯シャンだけにした方が良いです。やり方は35度〜40度ぐらいの温度のシャワーを被りながら、指の腹で頭皮をマッサージするようにして、皮脂を洗い流すだけです。時間は2〜3分ぐらいで十分ですね。まだ皮脂が残ってるかなって感じますけど、そこで止めておいてください。

んで、夜のシャンプーですけど、シャンプーについてから「皮脂を落とし過ぎないシャンプーテクニック」を読んで実践してください。

適度に皮脂のある状態にしておけば、だんだん皮脂の過剰分泌も収まってきます。これを半年以上やっても効果がないんだったら、シャンプーの後に植物性のオイル(オリーブオルとか椿油が良いです)を薄く塗っておくことも良いと思います。ただし、育毛のためにしたいことを実践していたらの話ですけど。

頑張ってやってみてください。

その他の記事

© 2018 【M字ハゲ対策日記】育毛剤で生え際の薄毛を止められるか? All Rights Reserved. サイトマップ
このページの最上部へ