Q.酸素が足りないとハゲるって本当ですか?

僕は29歳のタクシードライバーです。最近、抜け毛が増えたような気がして、毎日シャンプーの時に恐ろしい思いをしています。

うちの会社、案外と言うのか、ハゲや薄毛の人がいます。ほとんどの人が、僕よりも年配者なので、ある意味では当たり前かもしれないのですが、みなさんそれなりにハゲ対策をしていたり、ハゲ予防の知識を仕入れたりしています。

おまけに酒好きの人も多くいるので、勤務明けには何人かでゾロゾロと、朝からやっている店に行くことがあります。

この間の勤務明けに、やはり先輩たちと連れ立って飲みにいった時に、体内の酸素が少ないとハゲになりやすいと言っていた先輩がいました。その時には、そんなことがあるはずもないと思って、しっかり話を聞いていなかったのですが、なんだか気になって仕方がありません。

と言うのも、何となく話の端々に出てきた「飲酒」とか「喫煙」とか「運動不足」と言う単語に、全部思い当たることがあるからです。そのせいで、最近抜け毛が増えたのかもしれないと思い始めたので、質問をさせていただきます。

なぜ「飲酒・喫煙・運動不足」が酸素不足になるのでしょうか? 僕には全部当てはまるので、教えてください。

長くなってしまい申し訳ないのですが、よろしくお願いします。

タクシードライバーさんですか、お仕事大変そうですよね。でも、最近のドライバーさんたちも、お仕事終わったら飲みにいくんですね。仕事帰りに職場の人たちと飲みに行くって、ジミケンの会社ぐらいかなって思ってましたけど、そうでもないんですね。

それは置いておいて、確かに酸素が減るって言うより、酸素の無駄遣いをするとハゲの引き金になっちゃうケースってありますよ。それも、先輩の方が言ってたとおりで飲酒・喫煙・運動不足って言う条件は、まったくその通りです。

なんでかって言う前に、まず有酸素運動でハゲが防げるって言うことから説明しておきますね。これは、毛母細胞や毛乳頭細胞を活性化するのには酸素が必要で、その酸素を大量に補うには有酸素運動が一番だからです。

それともうひとつなんですけど、AGAの諸悪の根源5a-リダクターゼの影響を受けて、男性ホルモン(テストステロン)が巨悪のジヒドロテストステロンに変わることを、酸素が防いでくれるんです。

なんでかって言うと、テストステロンは酸素があるとタンパク質とくっ付きます。まあ、カップリングが成立するんですね。んで、5a-リダクターゼがカップリングできるテストステロンは、フリーテストステロンって言うやつで、まだタンパク質とカップリングしてないやつだけなんです。

って言うことで、酸素があるとジヒドロテストステロンの発生率を、ガックリ下げてくれることが出来るから、ハゲ防止になるんです。ここ、押さえておいてください。

んで、なんで喫煙・飲酒・運動不足が酸素不足の原因になるのかって言うことですけど、まあ、運動不足は説明不要だと思うんで、他の2点についてお話していきますね。

まず飲酒ですけど、アルコールが分解されるとアセトアルデヒドが出ます。んで、このアセトアルデヒドを分解するときに、なんとアセトアルディドの3倍の量の酸素が消費されちゃいます。そうです、3倍ですよ、3倍。

んで、よく飲み過ぎちゃって酩酊状態になる人っていますよね。医師の話だと、あれは脳が一種の酸欠状態になるからだって言う話です。なんでかって言うと、酸素は筋肉にはある程度備蓄できるんですけど、脳にはまったくって言ってもいいほど備蓄できないんで、急激な大量飲酒で一気に酸素が必要になると、血中の酸素濃度が一気に低下するから、脳が必要としてる酸素量を供給できなくなるからだって、そんな怖い話なんです。

っていうわけで、二日酔いのときに酸素カプセルに入ると、いきなりスッキリしちゃうのは、一気に酸素濃度が上がってアセトアルディドをやっつけるからですね。

次に喫煙ですけど、タバコの煙の中に入ってる一酸化炭素が酸素浪費の原因です。

なんでかって言うと、血中のヘモグロビンに乗っかって酸素は体中に運ばれるんですけど、酸素とヘモグロビンがくっ付くよりも、一酸化炭素の方がヘモグロビンとくっ付きやすいんです。

ってわけで、酸素がヘモグロビンとくっ付くよりもはるかに速く一酸化炭素がくっ付いちゃうんで、血中の酸素濃度が低下しちゃんですね。おまけに、せっかく酸素とくっ付いたヘモグロビンが目的地で酸素を降ろそうとするときに、一酸化炭素が邪魔をしてくれるんで、酸素が目的地に届かないって言うケースも大いにあるんです。

結局、有酸素運動でいくら大量に酸素を取り込んでも、そいつを有効活用できなくなっちゃうって言いう、むなしい努力になっちゃうのが喫煙の悪影響なんですね。

だから、酒の席でタバコをモクモク吸うって言うのは、言ってみれば二重に酸素の供給量を落としてるって言うことになるんで、フリーテストステロンをガンガン増やすから、諸悪の根源5a-リダクターゼの働きはますます活発なって、巨悪のジヒドロテストステロンを増産しちゃいます。つまりハゲ一直線っていうわけですね。

これが、先輩の方が言ってた飲酒・喫煙・運動不足がハゲにつながる三悪だって言う、科学的な根拠です。

禁煙をして、大量飲酒は控えて、適度な運動をするって言うことが、かなり重要だって言うことになります。

その他の記事

© 2018 【M字ハゲ対策日記】育毛剤で生え際の薄毛を止められるか? All Rights Reserved. サイトマップ
このページの最上部へ