抜け毛の原因となる「男性ホルモン」ってどんなもの?

こんにちは、管理人です。

抜け毛の原因って、脱毛症以外にもいろんなことがあります。
その中でもよく言われているのが、男性ホルモンと抜け毛&ハゲの関係ですね。

男性ホルモンが多い人はハゲるとか、抜け毛が多いという話を聞いたことはありませんか?

たしかに筋肉ムキムキのマッチョな人って、結構ハゲている人や薄毛の人が多いですよね。
そういうジミケンも、剣道のせいで細マッチョなんすけどね。

だからM字ハゲ?

男性ホルモンと抜け毛の関係について調べてみましたので、読んでみてください。

男性ホルモンは何のためにあるんだろう?

薄毛で悩んでいる人に男性ホルモンが関係あるというと、こんな風に思ってしまう人も多いですね。

まずが男性ホルモンの役目について知っておきましょう。

男性ホルモンの働きとは?

男性ホルモンの働きについて、一言で表すと「男が男でいられるようになるため」です。

男らしい体を作るためには「力強い筋肉が」が必要ですね。
その筋肉を作ってくれるのが、男性ホルモンです。
ついでに昨今じゃ「邪魔者」扱いされている、濃い目の体毛も男性ホルモンで作られます。

そして、男らしい思考回路にもとづく行動も男性ホルモンの影響です。
男性ホルモンがあるから「闘争心を表に出した攻撃的な思考回路」を維持しているのです。

そして、子孫繁栄に欠かせない性欲を亢進させる作用も、男性ホルモンがつかさどります。
男性ホルモンがないと「人類滅亡」の危機が来るかもしれませんね。

男性ホルモンの働きはなんとなくわかったと思います。
男らしさを維持するために必要不可欠なホルモンですね。
そんな頼りになる男性ホルモンですが、なんと髪の毛を増やす働きは全くありません。

髪の毛を支配しているのは「女性ホルモン」になります。

男性の体内でも女性ホルモンは作られますし、女性の体内でも男性ホルモンは作られています。
男女でそれぞれのホルモンが占める割合が違うため、男性の方がハゲやすくなります。

男性ホルモンが抜け毛の原因ってどういうこと?

男性ホルモン自体には抜け毛の原因になる作用はありません。
男性ホルモンの一種のテストステロンは皮脂の分泌や毛母細胞の分裂に、結構深いところで関与しています。

そのテストステロンは毛髪や皮脂にある5aリダクターゼという還元酵素と結託すると活性化されます。
そして、DHT(ジヒドロテストステロン)という悪玉に変わるのです。

このDHTが髪の毛のもとになるタンパク質合成を阻害したり、皮脂の分泌を過剰にする働きがあります。
よって抜け毛&ハゲになるっていうわけですね。

これが男性ホルモンが多い人にはハゲが多いといわれる理由です。

また、男性ホルモンはストレスによって異常分泌するので気をつけましょう。
元々は男性ホルモンが少なくても、ストレスが多くなると抜け毛も多くなるという場合もあります。

ストレス&ホルモンの異常分泌、怖いですね。

男性ホルモンって抑制できるの?

できないこともないっていう程度の感じですね。

理屈で言ってしまうとと「女性ホルモンを注入」して、中和してあげればいいわけです。
しかし、医師はそれをしません。

理由は無理に女性ホルモンを増やすと体内のホルモンバランスが崩れて、健康に害が出るからです。

そこで男性ホルモンの抑制効果があると言われる食品を紹介します。
代表的なのが「緑茶」「アロエ」「陳皮(みかんの皮)」ですね。

他にも直接DHTの発生を抑制してくれる、「ノコギリヤシ」のエキスなんかもいいみたいです。
あとは大豆に含まれている「イソフラボン」も効果的だって言います。

食事のときに納豆とアロエヨーグルトを手べて食後に緑茶、寝酒にみかん酒を飲むと良いかな? 
まあ、ジミケンは納豆が好きだからいいですけれど。

男性ホルモンの抑制に女性ホルモンの注射が効果的でも、安易に手を出してはいけません。
食事で必要な栄養素を取り入れることをオススメします。

その他の記事

© 2017 【M字ハゲ対策日記】育毛剤で生え際の薄毛を止められるか? All Rights Reserved. サイトマップ
このページの最上部へ