タバコをやめられますか?抜け毛の原因となる喫煙の害

こんにちは、管理人です。

ところで、あなたは喫煙派ですか? それとも禁煙派ですか?

私ことジミケンは禁煙家ですが、かつてはヘビースモーカーでした。
しかし、現在はすっぱりやめています。

なんでそんなことを訊くのかって?

…いきなりですみませんでした。
実は、喫煙と抜け毛・薄毛には深い関係があるからです。
もっと言ってしまうと、「M字ハゲ」を含めたハゲ全般に喫煙の影響があるといわれているからです。

そんなことを言われると、気になりますよね。

そこで、抜け毛・薄毛・ハゲと喫煙の関係を調べてみました。

喫煙と抜け毛ってどんな関係があるの?

まずは、喫煙が抜け毛の要因だといわれいる理由を話をしていきますね。

一体、タバコの何が抜け毛に作用するのでしょうか。
大きく別けると2つ、「血行」と「男性ホルモン」に大きく作用します。

喫煙が血行に与える影響は?

タバコの成分中に「ニコチン」が含まれていることは、知っている人が多いと思います。

実はこのニコチンが「抜け毛促進剤」と言えるような悪さをするんですよ。
それは「血管収縮作用」という、恐ろしい薬効?によるものです。

医学的な話は長くなりますので、簡単に端緒だけ分かりやすく説明しますね。
交感神経・副交感神経、こちらも耳にしたことがあると思います。
ニコチンは、この交感神経・副交感神経、さらには中枢神経にも作用します。
その結果、太い動脈から末梢の毛細血管まで収縮させてしまうのです。

こうなると、血流・血行は大きく阻害されてしまいますね。
つまり、道路が狭くなってしまって、交通量を確保できない状態になります。
交通量が少なくなると運べる荷物も減りますね。

同じように血流・血行が阻害されると栄養分を乗せた血液の流れが減ります。
そのため体の隅々まで栄養が行き渡らなくなってしまいます。
これが喫煙が頭皮の血行不良に直結していると言われる理由です。

髪の毛が正常に生きていくために必要な栄養分が行き渡らなくなるとどうなるか…。
抜け毛が多くなってしまい、終着駅の「ハゲ」にいきつくことになるんです。
まさに「抜け毛促進剤」ですね。

恐ろしいです、喫煙は。

男性ホルモンと抜け毛の関係は?

次に男性ホルモンについて説明しますね。

タバコを吸うと男性ホルモンが増加するというデーターがあります。
たしか、アメリカの有名な大学の研究結果だったと記憶しています。
ハーバード大学だったでしょうか。

昔はよく「ハゲている人は勢力絶倫」と言われていたそうです。
でも、これはある意味では事実かもしれません。
男性ホルモンが多く分泌されると、精力が強くなるのは当たり前ですから。

しかし、です。

男性ホルンのテストステロン自体は善玉ですが、変化すると「ジヒドロテストステロン」という悪玉になります。
特にAGAの因子を持っている人は、このジヒドロテストステロンを多く発生させる傾向があると言われています。

ジヒドロテストステロンには毛根を攻撃する性質があります。
攻撃された毛今は重傷を負うか、死んでしまいます。
その結果、抜け毛が発生するっていうシステムなんですね。

本当に喫煙は怖いですね。

喫煙を続けるとどうなるの?

結果を言うと「喫煙は髪の毛の味方ではない」とはっきり言えます。

血管を収縮させる作用があるっていう時点ですでにそうとうなリスクです。
おまけにジヒドロテストステロンだなんて、手に負えませんよね。

だから、抜け毛予防策の重要なステップとして「禁煙」があげられます。
ハゲ予防、育毛・発毛促進のためには禁煙をおすすめします。
あなたはタバコを止められますか〜?

…すみません、ちょっと最後は怖かったですね。

その他の記事

© 2018 【M字ハゲ対策日記】育毛剤で生え際の薄毛を止められるか? All Rights Reserved. サイトマップ
このページの最上部へ