リゾゲインの効果は?ジミケンの育毛剤口コミ評価

ジミケンです。今回はリゾゲインって言う育毛剤を使ってた時に感じたことをまとめてみたんで、お話していきますね。

リゾゲインって頭皮ケアの液と育毛剤の液の2液性になっている、いわゆるキットなんです。なんか、こう言う感じっていかにも効果ありそうって感じました。

この2液性って言うのが謳い文句って言うのか、大きなセールスポイントのひとつになってるんです。「全く新しいWケアの育毛剤」っていう言い方をしてます。まあ、確かに頭皮の老化って言うか劣化って言うか、そいつを専用の液で改善して、その上で育毛剤の液で髪の毛を育てるって、なんか説得力がありますね。

(ここに製品の画像)

表現としては、頭皮を畑に例えて「枯れた畑に溜めを撒いても育たない」っていう言い方をしてます。そのため、まず畑にあたる頭皮の環境を整えないと、いくら効果のある育毛剤を使っても無駄で、頭皮の環境をきちんとしてから育毛剤を使いましょうって言う感じですね。

んで、その頭皮ケアの成分ですけど4ヶ月経っても腐らないって言われてて、スイスに20本しかない品種のリンゴから抽出したリンゴ幹細胞エキス。フィトポリアミン幹細胞エキスって言って、細胞分裂を促進してくれるポリアミンを高濃度に含んだ成分。それに、成長因子様効果のあるって言われてるクロクスクリサンツス根エキスが主成分だって言うことです。なんか、えらく効果ありそうですね。

(リンゴや大豆クロクスクリサンツスの画像)

それと育毛剤ですけど、ジオウ、オウゴン、オウレンの効果で5a-リダクターゼの働きを抑制。ショウブ根、ショウキョウ、ニンジンなんかの効果で血行促進。アルテア、トウキ、ゴボウの働きで保湿。シャクヤク、サイシン、グリチルリチン酸ジカリウムの働きで痒みやフケを防止って言う効果を求めてます。

(ここに各成分の原料の画像をできるだけ多く)

まあ、育毛剤だけを見るとよくあるタイプって言う感じですけど、これが頭皮ケアとのコンビネーションプレイになるとどんな効果があるんだろうって言う感じで、使うことを決めました。それに返金制度もあるんで、まあ使ってみて駄目だったそれでも良いかって言うこともありましたけど。

(ここに返金補償の書類の画像と柔らくなった頭皮に育毛剤がしみこんでいくイメージ画像)

んで、使い方なんですけど、まあ普通に頭を洗ってからしっかり乾かしてください。そのあと、初めに頭皮ケアの液剤を頭皮全体に5プッシュします。それを指の腹で、良くマッサージしてください。そのあと、ハゲが気になるところに(頭頂部の人は頭頂部に、ジミケンみたいにM字の人はM字の部分に)10プッシュして、同じようにマッサージです。

(ここに製品を使っている画像)

液自体はサラサラしてて、ベタツキ感やネバネバした感じは一切ないです。乾いた後も髪の毛がごわごわしたりしないから、違和感は全然ないですね。ってことで、かなり使いやすいです。

匂いもほとんどしないんで、いかにも育毛剤使ってるって言う感じはないですよ。ほんのり、甘い香りがするけど、これだってほとんど気づく人はいないんじゃないかなって言う感じですね。使用感はかなり良いって感じでしたね。

んで、肝心の効果なんですけどジミケンの場合、使い始めてすぐのころは抜け毛が増えちゃいました。焦りましたよ、ほんとに。でも、もしかしたらこれって好転反応かもしれないって思って、もうしばらく使ってみようって思って使いました。

約1ヶ月ぐらいしたころから、今度は抜け毛がえらく減ったって言う実感が出てきたことと、髪の毛自体に少し腰って言うのかハリが出てきたって感じがしました。

うん、こいつは良いかもしれないって思って、それから2ヶ月ぐらい使ったんですけど、ジミケンの場合、残念ながら毛が生えてきたって言う実感はなかったです。まあ、これも個人差があるし、根性を入れてもう少し使ってたらもっと効果がハッキリしたかもしれないですね。

あくまでもジミケン個人の結果ですから、もし興味があるんでしたら使ってみることも良いかもしれないです。それと、容器がなかなか格好いいです。なんだか育毛剤って感じじゃなくて、車の高級なコーティング剤って感じですから、もし誰かに見られても育毛剤って分かる人はあんまりいないと思います。

(ここに送られてくるパッケージと内容全部の画像)

その他の記事

© 2018 【M字ハゲ対策日記】育毛剤で生え際の薄毛を止められるか? All Rights Reserved. サイトマップ
このページの最上部へ