本物のアミノ酸系シャンプーはどうやって選ぶ

アミノ酸系のシャンプーが頭皮に良いと聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。
アルコール系、いわゆる界面活性剤のシャンプーよりも頭皮に優しい印象がありますね。

種類も多く、選択肢は広いように感じますね。
でも、その割には販売ルートが狭く、普段薬局などで気軽に手に取って見ることはできません。

また、高級品ですから十分に検証するのも難しいですね。

一口にアミノ酸系のシャンプーと言っても、なかなか自分に合うものを探すことはできません。
選ぶための基準もあまり知られていないですよね。

というわけで、今日はアミノ酸系シャンプーの選び方についてお話をしていきますね。

アミノ酸系シャンプーの落とし穴に注意

アミノ酸系シャンプーに意外な落とし穴があるって知ってましたか?
ジミケンは知りませんでした。

それは「はっきりした定義がない」ということです。

調味料などは「使わなくてはいけない材料」と、「使ってはいけない材料」はきちんと決まってますね。
それを製品にきちんと表示しないといけないという、厳格な規則もあります。
JAS規格で決まってますから。

アミノ酸系シャンプーにはそのような厳格な縛りはありません。
もちろん、法的にも問題はありませんが、何か納得のいかない制度ですね。
極端な話をすると、ほんの少しでも「アミノ酸成分」が入ってると、アミノ酸系シャンプーと言えるそうです。

ほんの少し入ってるアミノ酸系の成分以外は頭皮に良い影響がないもの、極端に言うと悪影響のあるものでも
「弊社のシャンプには○○って言いうアミノ酸が入ってますから、アミノ酸系シャンプーです」と言えるのです。

アミノ酸系シャンプーの見分け方のポイント

アミノ酸系シャンプーの見分蹴るときは、まず洗浄成分をチェックします。
「ラウリル硫酸系」や「ラウレス硫酸系」、「スルホン酸系」などが入っていなければ、ひとまず安心です。
他にも添加剤として「メジコン」や「シクロメチコン」、「シロキ」なども入ってない方が良いですね。

ポイントは「全成分」という成分表示の部分です。
「水」の次に表記してある「主な洗浄剤」のところに、
「ココイグルタミン酸」や「ココイルアラニン」と言う表示があれば安心です。
他にも「コミカド」という表示になっている場合もありますから注意して見てください。

アミノ酸系シャンプーのメリットは?

科学的な成分がほとんど使われていないので頭皮への刺激が少ない、優しいシャンプーです。

そして、洗浄力が強すぎないことです。
洗浄力が弱いので皮脂を落とし過ぎることがありません。
その結果、過剰な皮脂の分泌を抑えてくれます。

もうひとつ、天然成分を添加剤に使いやすいっていうことです。
天然成分を添加剤に使うとアロマなどのリラックス効果も求められますし、
ホオバオイルのように髪の毛自体にも頭皮にも良いものをある程度使えます。

低分子カチオン活性剤のように無理やりなコーティングをしなくても、
いつでも髪の毛と頭皮に対して思いやりのあるケアができるということです。

おまけに天然成分入ってる、ビタミンEなどの抗酸化作用も期待できる、結構な優れものです。

自分の髪質にあったものを選ぼう

アミノ酸系シャンプーにはいろんなタイプがあります。
細い髪用、太い髪用、傷んだ髪用、染毛した髪用など、ほんとにいろんな種類があります。

自分の髪の毛がどんなタイプなのか把握して、自分に一番合った製品を選んで
きちんとケアしていきましょう。

上手に選んで、きちんとしたケアしてハゲ防止に努めましょう。

その他の記事

© 2018 【M字ハゲ対策日記】育毛剤で生え際の薄毛を止められるか? All Rights Reserved. サイトマップ
このページの最上部へ