恐ろしい角栓を落とす方法ってあるの

この間、昼飯の時に珍しく似合いもしないカフェに行きました。
うちの課の女子二人と一緒だったんで、あんまり恥ずかしくなかったんですけど。

例によって、話はいろんなところへ飛んでいきます。
それにしても、20代の女子たちって、ほんとにいろんなことを知ってますね。

そのうちの一人が「ジミー課長って、『ディープクレンザー』って知ってますか?
 あれ、使った方が良いですよ」っていうんです。

ディープクレンザーって初耳だったジミケンは
「え! それは知らないけど、どんなやつなんだ?
俺みたいな元ハゲが使うと良いっていうことか?」って思わず訊いちゃいました。

「そうなんですよ。ハゲの原因をもとからスッキリ取ってくれるんですよ。
だから、またハゲないように使った方がいいですよ」と、うれしいような、ムカつくようなことをいうんです。

その時はそれで終わりにしましたがなんだか気になって、後からディープクレンザーについて調べてみました。

そうしたら、ほんとにあの女子たちが言ってとおり。
ハゲに大敵だって言いう怖いやつを、根こそぎやっつけてくれるっていうことがわかりました。
ということで、今日はディープクレンザーについてお話をしますね。

ディープクレンザーって何?

調べてみたらディープクレンザーって、いくつかの種類があるんですね
基本的には言葉の意味のとおりで、「深部の汚れをクリーニングする」っていう製品でした。

もともとは顔の毛穴をスッキリさせて、肌のキメを整えてきれいにするために作られたものみたいですね。

現在では当然のように「頭皮ケア」用の製品もラインナップされていますから、選択肢は結構あるようです。
もともとが「顔用」だなので肌に刺激がないことが条件だったようですから、そっちを使っても良いみたいですよ。
何しろ、鼻の頭の毛穴の頑固な汚れまで取れるって言いますから。

なぜ毛穴の中まできれいにできるの?

なぜ、毛穴の中までしっかりきれいにできるのか不思議ですよね。
でも、ちゃんとした理由というか、論理的な部分はありました。

それは「パウダー効果」とでもいうんでしょうか?
多くのディープクレンザーには、超微粒子が入っています。
しかも軟性で多孔性なので海藻・海泥シャンプーに似てます。

その超微粒子が毛穴の奥深くまで入り、
過剰分泌された皮脂やその他の汚れをしっかり掻きだしてくれるんですね。
結晶セルロースなどが入っているケースもあるので油脂分を絡め取るパワーが大きいのかもしれないです。

他には、クレンジングオイルに使われる成分も多く入ってますから、
油で脂を溶かして、パウダーパワーで掻きだすという感じです。

恐怖の角栓は取れるのか?

全部の製品にその効果があるかわかりませんが、理論的には効果はありそうですね。

酸化した皮脂を溶かしてパウダーパワーで掻きだすこと自体、かなり期待できます。
それに、肌に刺激が少ないのも本当にありがたい話ですね。

そう言えば「鼻の毛穴の黒ずんだやつ」って、一種の角栓ですから取れるんですね、やっぱり。
すごいですね、ディープクレンザー。

値段は安いとは言い難いですが、試してみる価値はあります。
女性用だけでなく、男性化粧品メーカーからも製品が出てますから入手は簡単です。
それに通販もありますから、女性用の製品でも簡単に買えます。

毎日使う必要はあるのか?

角栓が取れるまでは、使った方が良いと思います。
取れたあとは、週に何回とか決めて定期的に使うと良いって、部下の女子たちが言ってました。

彼女たちも鼻の毛穴スッキリ作戦のために、定期的に使ってるそうですよ。
顔の皮膚に異常があるようにハ見えなかったので、本当に肌に刺激がないんだろうと感じました。

角栓ができてるかもしれないとか、シャンプーをしても頭皮がスッキリしない人は試してみてください。
何しろ、あの恐ろしい角栓が取れるっていうことは、ハゲ族にとってはうれしい限りですから。

その他の記事

© 2018 【M字ハゲ対策日記】育毛剤で生え際の薄毛を止められるか? All Rights Reserved. サイトマップ
このページの最上部へ