シャンプーの使い過ぎを防ぐテクニック

皮脂を落とす過ぎる人に「湯シャンと天然成分石鹸」のコラボを使うというお話をしましたね。
おんなじようなことで「シャンプーの使いすぎ」っていう人がいます。

シャンプーの使いすぎがなぜいけないのかというと、
「完全に洗い流すことができていない」っていうケースに結びつくことが結構あるからです。

どんなシャンプーでも成分が頭皮に残ってしまうことは、あんまり褒められたことではありません。
合成界面活性剤を使っているシャンプーの場合は、特に気合を入れて流さないと危険です。

気が付くと結構なペースでシャンプーを消費してる人って多くいるんですよね。
結局、使いすぎてるんですね。

どうしたらシャンプーの使いすぎをなくせるのか、そんなお話を今日はしていきますね。

シャンプーの使いすぎタイプは三種類

シャンプーの使いすぎする人のタイプって、三種類に大別してもいいかなって思います。

ひとつ目は、前にお話をした「皮脂を落とし過ぎちゃう」人たちですね。
要するに、洗い上がりにかなり厳密な満足度を求めて皮脂を落とし過ぎてしまいます。
だから、何回も洗うことになっちゃって結局シャンプーを使いすぎてしいまうんです。

このタイプの人って、Wで危ないですね。

ひとつは「皮脂の落とし過ぎによる、皮脂の異常分泌を誘発」することです。
もうひとつは「シャンプーの成分を流しきれない」っていう、怖いリスクですね。

ふたつ目の使いすぎのケースは「間違った使い方」をしている人たちですね。
シャンプーは手の平にとってから軽く泡立てて使うもが正しい方法ですが、
直接頭に振りかけて量に使ってしまううケースですね。

最後の三つ目、これは「泡立ちが悪いからいっぱい使っちゃう」という人たちですね。
皮脂が多くなってるとどうしても泡立ちが悪くなります。
そのため、シャンプーを足しながら使うことがあります。
気が付いたら、結構たくさんの量を使ってたっていう感じですね。

ひとつ目と三つ目のケースに対応する方法

どちらも共通して言えるのは「皮脂の存在に影響されている」ということです。

たしかに皮脂分が多いと、泡立ちも少なくなって、その分洗浄能力が削がれることは確かです。
だからといって、シャンプーをいっぱい使ってガシガシ洗ってもいいかって言えば、それはちがいます。

そこで効果的な対処方法です。

やはり「湯シャン」のお世話になる必要があります。
湯シャンを長めに行い、余計な皮脂を落としてからシャンプーを使えば、
泡立ちもよくなるし汚れも落ちやすいですから。

それと、シャンプーを洗い流す時もお湯でやる方がよく落ちます。
汚れや皮脂を溶かし込んだシャンプー液は、水よりもお湯の方がはるかに良く馴染みますから、
完全に洗い流すことができるんですね。

湯シャンの効果を最大限発揮したいなら手を石鹸で洗いながら行いましょう。
手に皮脂がついてくるので効果的に湯シャンできます。

どこかのサイトで読みましたが「ガーゼを指に巻いて」と言いうのは、止めた方が良いですね。
たしかに皮脂をかき取る効果は高いですが、うっ所に新毛まで抜いていしまうリスクがありますから。

二つ目のケースに対応する方法

この間違った使い方を防ぐためには「湯シャン」をして髪の毛を濡らしておくこと、
そして、必ず手の平にシャンプーを取って泡立ててから使う習慣を付けることです。

このケースの人の多くは、たぶん短髪族っていう気がします。
シャワーで頭を濡らすとすぐにシャンプーを使う感じになってるのではないでしょうか。

一度湯シャンという「ワンクッション」を置くと次の行動を意識できますから、
いきなり頭にシャンプーをかけるとか、泡立てないシャンプーをすぐに頭に付けるような行動を防げます。

無意識の行動は間にワンクッション入れると、いったんそこで途切れます。
次の行動を意識できるようにすれば良いんですね。

上手に湯シャンを活用して、シャンプーの使いすぎに注して、ハゲ防止&育毛・発毛に励みましょう。

その他の記事

© 2018 【M字ハゲ対策日記】育毛剤で生え際の薄毛を止められるか? All Rights Reserved. サイトマップ
このページの最上部へ