シリコンや添加物が多いシャンプーはなるべく避けること

こんにちは、管理人です。

今日はシャンプーのお話をしていきます。

最近では様々なシャンーが販売されていますね。
添加物やシリコンが多く含まれているシャンプーの評判をよく耳にしませんか?
髪の毛に対してどのような違いがあるのか気になりますね。

そのことについて調べた結果をお話していきます。

市販されているシャンプーってどんなもの?

市販さているシャンプーは、大きく別けると3つに分類されます。
「高級アルコール系シャンプー」「アミノ酸系シャンプー」「石鹸シャンプー」ですね。

では、それぞれの特徴を説明していきます。

高級アルコール系シャンプー

高級アルコール系シャンプーはラウリル硫酸ナトリウムが主成分で、その他にも色々な添加剤が入っています。

ラウリル硫酸ナトリウムは石油または植物性オイルに濃硫酸を添加、それをナトリウムで中和して作ります。
濃硫酸を使って作るので、頭皮への刺激はそれなりにありますよ。

最近はラウリル硫酸ナトリウムを改良した、ラウレス硫酸ナトリウムを主成分にするものが増えました。
こちらは頭皮への刺激が、かなり少なくなっています。

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプーは、ココイルグルタミン酸が主成分ですね。
これはヤシ油などの植物性オイルに、グルタミン酸などのアミノ酸を添加して作っています。

そのような成分ですから頭皮への刺激も少なく、傷んだ髪の毛の面倒を見てくれます。
髪の健康のためにはおすすめですが、ちょっと値段が高いのが弱点です。

石鹸系シャンプー

石鹸系シャンプーの主成分は脂肪酸ナトリウムとグリセリンです。
動物系や植物系の油脂に、水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)を添加して作っています。

動物性や植物性の油脂は元来弱酸性ですが、転化する水酸化ナトリウムは強アルカリ性。
そのため、出来上がったシャンプーはアルカリ性になってます。

髪の毛自体は弱酸性なんで、洗い上がった髪の毛がパサ付く感じになるのが弱点だと思います。

添加剤には害があるのか?

添加剤として使っている成分の中には害のあるものがありますね。
例えば、濃硫酸や水酸化ナトリウムなどは、いわゆる劇薬指定になっている薬品です。

絶対に体にいいわけはないです。

しかし、出来上がったシャンプーは体や頭皮に危険なものではありません。

ただ気をつけなければならないことがあります。
シャンプーは洗い流すことが大前提になっていますね。
その決められた使用方法を守らないと、体に害をもたらす場合があるんです。

大量に呑み込んだり、しっかり洗い流せていないとトラブルの原因になるので注意しましょう。

経皮毒性についてもゼロというわけではありませんが、普通に使う分には問題ありません。
問題になるような成分が入っていたらPL法をクリアーできないですから。

まとめると…
添加剤は無害ではないが、大量に呑み込んだり、流し損なわなければ大丈夫ということですね。

シリコンはどうなの?

シリコンは経皮毒があるとか、シリコン自体がかなりの毒性を持っていると言う人がいますよね。

でも、よく考えてみてください。
何しろ赤ちゃんが口に入れる「哺乳瓶の乳首」も、シリコンゴムでできているんです。

あと豊胸手術に使うやつも、シリコンパックですね。
これだって、何かの事故で破裂したことを考えると、無害じゃなければ大問題です。

このことからわかるように、人体に使うシリコンっていうのは無害ということです。
でも、別の意味の害はありますよ。

それはシリコンが傷んだ髪の毛を、すごいパワーで包み込んでくれることですね。
手触りや、長髪の人なんかは指通りがものすごくよくなります。

つまり、シリコンが添加してあれば、質の悪いシャンプーでも洗い上がりの髪が「スベスベのサラサラ」になります。
ちょっとした害ですね。

添加物やシリコンってやっぱり害があるんじゃない?

シャンプーには、主成分を作るときの添加剤以外にも香料や防腐剤がなどが入っています。

例えばケラチンとかヘマチンとか、甘草エキスにラベンダーオイルなどですね。
製品ごとにちがいますが、数えきれないほいろんな添加物が入っています。

中には毛穴を詰まらてしまうような害がある成分もあります。
もちろん、シリコンもその中のひとつです。

毛穴が詰まると、毛乳頭へ髪の毛に必要な栄養分が届かなくなります。
道路で言うと「通行止め」の状態ですね。

結論としては「シリコンや添加物の多いシャンプーはなるべく避けること」が、正解ではないでしょうか。

ナチュラルで、頭皮に優しいシャンプーを選んでM字ハゲ脱出をしましょう。

その他の記事

© 2017 【M字ハゲ対策日記】育毛剤で生え際の薄毛を止められるか? All Rights Reserved. サイトマップ
このページの最上部へ