5a-リダクターゼを抑制する方法

この間Qさんと会ったときなんですけど、AGAのメカニズムの話しが出たって話しました。でも、それだけじゃなくてもうひとつ重要な話が出ました。

それは5a-リダクターゼの話でした。思えばこの5a-リダクターゼってやつは、ジヒドロテストステロンって言う、巨悪を生産しちゃうって言う、えらく悪いやつなんですね。まさに諸悪の根源とか、陰のフィクサーって言うような裏でいくらでも悪いことをやってる、すごく嫌なやつって言う存在ですね。

んで、この諸悪の根源、陰のフィクサーの活動を制限することこそが、AGAとの闘いの根本的な戦略・戦術だってことを、Qさんは熱弁をふるってました。

んで、その方法は基本的にふたつあるってことらしいんですね。まあ、どの方法を取るか、どの方法を捨てるのかって言う選択は、個々の自由だって言ってました。

ただし、Qさんもジミケンも、いわゆるAGA治療薬っていうものに対しては、あんまり肯定的な見解を持っていないことは一致した意見でしたね。

って言うことで、今回は諸悪の根源・陰のフィクサー、5a-リダクターゼの働きを抑制する方法について、お話をしていきますね。

基本的なふたつの方法ってなんなんだ?

基本的な三つの方法って、ひとつはAGA治療薬を使うことですね。現在日本でAGA治療薬として効果が認められてるのは、フィナステリドとミノキシジルのふたつだけです。んで、ミノキシジルは、発毛促進剤って言う位置づけなんで5a-リダクターゼの働きを抑制することはできないんですね。ってことはフィナステリドをす成分としてる、プロペシアだけってことになりますね。

つまりAGAの専門外来を受診して、治療薬を服用しながらいろんな治療をしてもらうって言うやり方になります。治療の中には、頭皮に直接塗っちゃうやつも処方されたり、食事療法の指導なんかもあるみたいで、まあ、それなりの効果はあるって言います。

だが、しかし、なんですけどプロペシアの副作用が怖いです。男性機能に障害を与えてくれたり、精子数の減少や奇形児が生まれることもあるって言いますから、これは怖いですね。しかも、しっかりとした反証・反論もないんで確実に無害だって言う発表がないですから。いったい、本当にこれを服用してても良いんだろうかって、不安に思いますよ。

次は育毛サプリと育毛剤で、5a-リダクターゼの働きを抑制するって言う方法です。まあ、専門外来と比べると、明らかに民間治療って言う感じですけど。でも、これをやってジミケンもM字ハゲを脱出できたんですから、根拠はあるんですよ。

まず、サプリにしても育毛剤にしても、5a-リダクターゼの働きを抑制する成分がいくつ入ってるかって言うことが、結構ポイントになります。どんな成分なのかって言うと、ご存じ最強の民間治療薬って言われてるノコギリヤシ、それに亜鉛やローズマリーエキスとか、アロエエキスやビタミン群の中でもB6&B12なんかがすべて入ってると、結構高得点になりますね。

んで、さらに良いことがあって、5a-リダクターゼの働きを抑制するって言うことだけじゃなくて、髪の毛の成長にも大きく貢献してくれる成分なんで、食事で不足がちになってる栄養素を積極的に補えるって言う効果もあるんですよ。

おまけに怖い副作用はないんで、安心して飲み続けられるって言うことですね。妊活中の男性も安心して、飲み続けられるって言いますから心強いですね。

このふたつが5a-リダクターゼの働きを抑制するって言う、基本的なふたつの方法だって、Qさんは熱弁をふるってました。確かにその通りかなって、ジミケンも思いました。

さらに一歩突っ込んで考える

でも、これだけじゃあまあ不足だって、Qさんは言ってました。なんでかっていうと、5a-リダクターゼって実はT型とU型があるって言うんです。知らなかったです。

んで、それぞれに効果のある成分と、無効な成分があるんでプロペシアも効かない場合があるって言います。

よく「プロペシアなんて何の効果もないぜ」って言う人がいますけど、きっとこのせいかなって思いました。

T型って言うのは主に皮脂腺に居ついてて、言ってみれば体中に居ついてるって感じですね。んで、U型って言うのは主に毛乳頭に居ついてて、しかも生え際とか頭頂部なんていう嫌なところにいるって言います。

って言うことで、最近ではこのU型を退治することが必要だって言われるようになってます。なんでかていうと、T型の場合なんですけど、脱毛症に結びついているケースが少ないらしいんです。

でも、U型のばあいなんですけど、明らかにM字や頭頂部のハゲが顕著にみられるって言うことですね。だからU型を退治しなくっちゃいけないってことですね。

そこでT型に効果のある成分は結構いっぱいありますけど、U型に効果のある成分って、案外少ないかなって言えます。

T型の場合、ノコギリヤシ、アゼライン酸、オウゴンエキス、チョウジエキス、亜鉛、緑茶エキス、サンショウエキスなんていうのが代表的ですね。

んで、U型ですけど、ノコギリヤシ、ヒオウギエキス、アロエエキス、亜鉛、リモネンなんていうところみたいです。他にもあるかも知れないですけど、代表的な成分ってことですね。

んで、自分のハゲの原因がT型の影響なのか、U型の影響なのかって分からないじゃないですか。だから、成分がいっぱい入ってる方が有効だって言うことでした。

何だかショットガンで鴨撃ちをやる感じですね。これだけあればあ、どれか当たるぞって言う感じが頼もしいって言うことですね。

なるほどって言う感じのQさんのお話でした。

その他の記事

© 2017 【M字ハゲ対策日記】育毛剤で生え際の薄毛を止められるか? All Rights Reserved. サイトマップ
このページの最上部へ