AGA発症のメカニズムを知ろう

昨日、デザイナーのQさんと飲みに行きました。そろそろ終業時間ってころに電話をかけてきて、「よう、ジミケンちゃん、久ぶりにどう? ローストビーフの旨い店、見つけちゃったんだよ。いかない? 洋風居酒屋って感じの店だからさ」って言うんで、もちろんOKしちゃいました。

いつもながらオシャレなQさんのこの日のファッションは、レンガ色のTシャツの上に生成り・ローゲージのサマーニット、ボトムは薄い紺色の麻のパンツ。素足に(なんかこの辺だけ石田純一風です)スニーカーです。相変わらず、恰好良いです。

それに話題も豊富で、この日の最初の話題は「マイナンバー」のことでした。でも、例によって話は飛んでいくんです。んで、やっぱり最後はハゲつながりの話題でした。この日のハゲの話題は、何とAGA発症のメカニズムでした。

なるほど、これは聞いておいてよかったって思いました。なんでかって? そりゃ〜、元ハゲとして、知っておくべきことだったからです。知ってれば、再びハゲの症状が出始めても、前みたいに時間を無駄にしないし、ハゲになる前に解決できるかもしれないからです。

っていうわけで、今回はAGA発症のメカニズムについてお話をしていきますね。

そもそもAGAってなんなんだ?

AGAって男性型脱毛症って言いますけど、「ああそうなんだ、男がかかる脱毛症なんだな」って言う程度の認識しかジミケンにはなかったです。でも、これも間違いでして、女性にもAGAって発症するケースはあるんです。だから男性特有のものって言うことじゃあないです。

症状としては御存じのとおりで、抜け毛がバシバシ増えて、ジミケンみたいなM字ハゲになったり、天辺ハゲになったりします。んで、年齢に関係なくハゲるんで、若い人もなっちゃうから若ハゲって言われることもあります。

そうです、年齢にも生活習慣にも、栄養状態にも関係なく、とにかく抜け毛がガンガン増えちゃって、あっという間って言う感じで薄毛になってしまい、その後完ハゲになっちゃうんです。恐ろしいです。

こいつの厄介なって言うのか恐ろしいところなんですけど、単純に抜け毛がひどくなるって言うことだけじゃないんです。今現在ある健康な髪の毛も脱毛させて、おまけに新毛を育ちづらくしちゃうってやつがAGAって言うことなんです。つまり、抜けたら生えないって感じですかね。おお〜、恐ろしい……。

んで、よく言われてる育毛シャンプーなんかは、全く効果がないに等しいって言うことなんですね。つまり、もっと深いところからアプローチする必要があるってことですね。

うん、それは怖いけどどんなメカニズムなんだ?

まあよく言われてるは男性ホルモンが影響してるって言いますけど、確かに遠因にはなってますけど直接の原因じゃないです。

直接の原因って言うのは、男性ホルモン――テストステロンが、ジヒドロテストステロンっていう巨悪になっちゃうことなんですね。だから、男性ホルモンがなければ絶対的にAGAにはならないんで、直接的な原因じゃなくて遠因だって言うことなんですね。

そうじゃなければ、テストステロンを分泌しまくってるすべてのアスリートは、全員ハゲちゃいますし、エッチが大好きな男性もハゲちゃいます。それにAV男優さんもですけど。

んで、テストステロンを巨悪のジヒドロテストステロンに変えちゃうって言う、なんだか諸悪の根源みたいなやつがいて、これを5a-リダクターゼって言います。一種の酵素だって言う話ですね。酵素にも、こんなに悪いやつ、いたんだ。

んで、この巨悪のジヒドロテストステロンってやつは、いったい何をするんだって言う話ですけど、これがまた困ったことをしてくれます。

その困ったことってなんだって言うと、激烈に抜け毛を起こすような指示命令をするってことです。その結果ハゲちゃうってことですね。

それだけじゃあ良く分からん、もっと詳しく言ってくれ

まあ、そうですよね。んで、メカニズムの核心部分なんですけど、結局ヘアーサイクルに関係してくるんですよ。ただ単に「抜けろ」って言ったところで、ヘアーサイクルがしっかり正常に働いてれば、新毛は必ず生えてくるんですけど、この新毛の発育って言うのか、発生って言うのか、そいつを全部邪魔してくれるんです。

ヘアーサイクルってご存じのとおりで、三つの周期があるんです。まず成長期ですね。これは新しい髪の毛が育って、古い髪の毛が抜けていく期間です。髪の毛自体も成長するし、毛包は成長し初めます。健康で正常な状態だと、だいたい二年から六年ぐらいの期間があります。

次が後退期って言って、この時期には髪の毛の成長はないし、毛包の成長も無くて小さくなっていきます。つまり、回れ右をしちゃって戦線離脱をしてる最中って感じですね。だいたい期間としては、二週間ぐらいだって言われてます。

んで、最後が休止期ですね。この時期の髪の毛は成長しないです。毛包も小さくなったままで、完全にお休みしてます。次の総攻撃に備えて、休止してるって感じです。この期間は、だいたい三、四ヶ月って言いますね

問題なのはこの成長期の時期なんですね。通常って言うのか正常な期間があれば、少々抜け毛が出たって、生え続けてくれるんでハゲになることはないんですよ。ところが、このジヒドロテストステロンってやつは、ヘアーサイクルの成長期を長くても一年とか、最悪の場合数週間って言う、極端に短い期間にしちゃいます。

ってことは、生えてくる数はろくにないけど、抜けちゃう数はえらく多いってことになっちゃいますね。つまり、ハゲの道を突き進むってことになります。この現象が長く続けば、どんどん薄毛は進行して、後は完ハゲになることしか道はないって言うことになります。

これがAGAのメカニズムって言うことですね。AGA、怖いです。

その他の記事

© 2017 【M字ハゲ対策日記】育毛剤で生え際の薄毛を止められるか? All Rights Reserved. サイトマップ
このページの最上部へ