帽子はハゲの天敵じゃあない

一週間ほど前なんですけど、同期の営業のやつに同行してお得意様の会社にプレゼンにいったんです。先方は担当者と、その上司の営業課長という四十代後半の男性でした。

その営業課長なんですけど、見事に黒髪が豊かな男性です。思わず「すっげ〜、うらやましい」って、心の中で喝采しちゃいましたよ。ついでに「なんで俺がM字ハゲを経験して、この人がフサフサなんだよ」って、ちょっとだけ思っちゃいましたけど。

それはともかく、プレゼンはジミケンの助力もあったせいか(たぶんですけど)、上手くいったんです。んで、時間も時間だったんでみんなで昼食って言うことになりました。

八月の終わりですから、かなり日差しも強くて暑いです。強烈な紫外線が、頭皮を直撃してくるんですね。思わず「ヤバイ、ハゲそうだ」って思っちゃうぐらいでした。

そのとき、先方の課長を見ると帽子を被ってるんですよ。パナマ帽って言うんですか? ちょっと昔の映画に出てくるような、クラッシクな感じのやつでした。これが結構きまってるんですよ。

まあ、それは良いんですけど「帽子ってハゲの天敵じゃなかったけ?」って言う疑問が、その時のジミケンの頭の中に渦巻いたんです。

んで、後で同期の営業のやつに訊いたら、あの課長は一年中帽子を被ってるって言うことでした。なんでハゲないんだろう?

って言うことで、今回は帽子はハゲの天敵じゃないっていうお話をしていきますね。

帽子でハゲるって言うのは都市伝説なのか?

まあ、この件に関しては必ずしも都市伝説って言う言わけじゃあないんで、半分は都市伝説で、半分はリアルだってことですね。

要するに、ハゲる、ハゲないって言うことですけど、帽子の選び方にあるんです。理論的に正しいって言うんでしょうか、まあ、正解って言える帽子を正しく選んで被ってればハゲにはならないって言う以上の効果があります。

逆に、理論的に正しくない帽子を被ってると、ハゲの要因になることは確かですね。ハゲって言うか、薄毛の症状が出始めた人なんか、間違った帽子を被ってると、ハゲが進行しちゃうます。逆に正しい帽子の選び方をしていると、ハゲ防止に重要な一役をかってくれます。

え! 帽子がハゲ防止になるってどういうことなんだ?

まあ、帽子がハゲ防止になるって言うと、普通は驚くとか信じないとか、そんな感じですよね。

でも、ちゃんとした根拠はあるんですよ、これが。まず、帽子を被ってるって言うことですけど、外的な刺激から頭皮や髪の毛を守ってくれます。これ、意外じゃないですよね。

時に真夏の強烈な日差し、紫外線を遮断してくれます。紫外線って、浴び続けると頭皮には悪影響があって頭皮自体もそうなんですけど、その下にある毛母細胞なんかも破壊しちゃいますから、紫外線を遮断するってかなり大切です。

何しろ、紫外線のせいで皮膚がんも発症するし、紫外線消毒って言うことも存在するぐらい、生体って言うのか細胞を破壊する能力を持ってますから。

それと、真冬の乾燥した冷たい空気を遮断するって言うことも、頭皮にとってはものすごく大切なことですね。

頭皮が冷えちゃうと、血行・血流の確保は難しくなっちゃいますから、毛根に栄養素が届きにくくなりますし、頭皮が乾燥しちゃうと余計な皮脂が分泌されて毛穴を詰めちゃいます。これ、どっちもハゲの要因ですよね。

それと、春先や秋口の花粉対策にもなります。花粉(どの種類かは別にして)がアレルゲンの人は、直接頭皮に花粉が着くことで何かが起こるって言うことがあるのかないのか、それは分かりませんけど、少しでもその可能性を減らしてくれるって言うことも事実ですね。うん、これは良いかもしれない。

なるほど、それじゃあどんな帽子が良いんだ?

ここが最大のポイントですね。まず、サイズですね。被った時に頭を締め付けるような、きついやつは駄目です。ジミケンたちが剣道をやってた時は、面を被るときに思い切りって言う感じで締め付けてました。これには理由があって、激しい動きでも面がずれちゃって視界を妨げない、って言うことがあったからです。

でも、帽子ってそんな必要性はないですから、ずれたら直せばいいだけの話です。むしろ、締め付けて血行・血流を妨げちゃうとハゲの要因になりかねないです。

次にシーズンによってって言うことですけど、素材を選んでください。春・夏・初秋辺りのシーズンには、通気性を重要視してください。メッシュ素材とかゴアテックスみたいに、キッチリした通気性があるやつが良いです。決して蒸れちゃ駄目です。

んで、真冬は保温性があるやつが良いです。ウールのメルトン生地とかそう言ったやつですね。これで、冷たい外気から頭皮を保護して血行・血流を確保することが大事ですね。

帽子をかぶるときの注意点

まず通気性は被ってないときよりもかなり落ちますから、室内や乗り物に乗った時には脱いでいる必要があります。まあ、室内で帽子を取るのは、マナーでもあるんですけど。

んで、四季を問わずに汗がでたら、できる限り拭いてください。汗と一緒に皮脂が出てるケースが多いんで、そのままにいておくと毛穴が詰まっちゃうことが考えられます。それと、湿度が高いと雑菌の温床になりやすいんで、汗は拭いた老いた方が良いです。

あと、ハゲを気にする人にはいないと思いますけど、洗髪はサボらないことですね。頭皮も髪も清潔にして就寝することが大切です。

それと、余計なお世話かもしれないんですけど、若い人の間でニット帽が流行ってますね。これ、比較的頭にピッタリくっついちゃってますし、一年中ニットって言う保温性の高い素材を頭に乗っけてるんで、ハゲを基準に考えると良いことはひとつもないって言う感じです。注意してください。

その他の記事

© 2018 【M字ハゲ対策日記】育毛剤で生え際の薄毛を止められるか? All Rights Reserved. サイトマップ
このページの最上部へ