睡眠不足は抜け毛の大きな原因

昨日の帰りにバッタリって言う感じで、大学の同級生に会っちゃいました。たぶん七、八年ぶりって言う感じです。

やつ、すっかり外見が変わっちゃってて一瞬分からなかったんですけど、やつの方から声をかけてくれたんで、やっと分かったんです。

一瞬分からなかったのは、なんて言ってもすっかり頭が寂しくなったことと、かなり腹が出っ張っちゃったことが、外見の変貌を遂げた大きな要因です。おまけに顔も風船みたいに(失礼)、パンパンになってるし、すぐには分からなかったです。

やつの仕事は出版社の編集なんで、まだこれから仕事があるって言う状態だったんで、ちょっとお茶でもってことになりました。

んで、昔話とともにお互いの仕事の話になりました。やつの仕事、編集者ってかなり激務みたいですね。なんだか同情したくなっちゃうぐらい、結構大変だなって思いました。何しろ食事も不規則で、おまけに睡眠時間もろくに取れない日が続いて、たまにゆっくり寝られると思っても、なんだか寝付かないことが多いって、そんなことを言ってました。

んで、やつが太ったのは不規則で喰える時に喰っちゃうって言う、一回の食事量の問題だろうって分かったんですけど、薄毛の原因はなんだろうと思って、寝不足と質の悪い睡眠のことを調べてみました。

って言うことで、今回は寝不足と質の悪い睡眠が抜け毛の大きな原因になるって言う、怖い? お話をしていきますね。

睡眠と成長ホルモンの関係

成長ホルモンって聞いたことのある人、結構たくさんいると思います。その名前のとおりに、人の体のあらゆる部分を成長させてくれる大事なホルモンなんです。髪の毛の成長も、もちろんこの成長ホルモンにかなり依存してます。

もちろん、子供さんの成長にも欠かせないんですけど、これが二十歳ぐらいをピークにして、分泌量がかなり落ちちゃうんです。でも、大人の人間が必要としてる程度は、なんとか賄えるって言う感じですけど、量的にはギリって言う感じですね。

んで、条件が悪いと分泌量がヤバイことになっちゃって、健康面でもヤバイことが出てきちゃいます。

そんなわけで、どんな時に成長ホルモンが足りなく中って言うと、睡眠不足や質の悪い睡眠しかとれないときです。なんでかっていうと、成長ホルモンは睡眠中に一番分泌量が増えるんですけど、それを駄目にしちゃうからですね。

成長ホルモンが一番分泌されるのが、夜の十時ぐらいから深夜の二時ぐらいまでだって言われてます。これが、育毛の黄金の時間って言うことなんですね。成長ホルモンの働きで、髪の毛が育ちますから。

んで、この時間を外しちゃっても大丈夫って言うことがあるんですけど、それは寝てからの二、三時間を質の良い眠りにすることです。質の良い眠って、よく言われてるノンレム睡眠って言う、深い眠りのことですね。

このノンレム睡眠って言う深い眠りを得ることが出来ないと、成長ホルモンの分泌は極端に下がっちゃいますから、髪の毛も腰抜け状態の弱いやつしか生えないし、ヘアーサイクルも乱れっぱなしになっちゃいますから、まあ、ハゲへの道を突き進むしかなくなっちゃいます。怖いです。

成長ホルモンの役割ってなに?

成長ホルモンの具体的な役割って言うと、食事で摂ったタンパク質をアミノ酸に変える働き。この時にできたアミノ酸が、筋肉や骨、血液や髪の毛の材料になんで、かなり重要です。

ダメージを受けた個所を回復してくれる働き。これは、例えば日中紫外線で痛めつけられた皮膚、当然ですけど頭皮の痛みも修復してくれます。それに、各臓器なんかもですけど。

あとは、細胞の活性化を促進してくれます。細胞の活性化って言うことは、細胞分裂も含まれますから毛母細胞の活性化も、当然のように促してくれちゃいます。

あとは、脂肪燃焼を促進してくれますから、デブを防止してくれるって言うことにつながりますね。

って言うことは、成長ホルモンが髪の毛に影響する部分って、相当大きいって言うことになるんで、これが少ないとか足りないとか言うことになると、ハゲになりやすいって言うことですね。あと、やっぱり、デブにもなりやすいって言うことですね。

成長ホルモンが足りないと髪の毛はどうなる

簡単なことなんですけど、前にも言った通りで腰抜けで弱い髪の毛になっちゃいます。細くて弱々しくて、切れやすく抜けやすい髪の毛になっちゃうってことですね。

それと、毛母細胞が活性化されないんで、当然ですけど新毛が生えづらいし、生えても弱弱しいって言うことになっちゃいます。

って言うことは、抜けやすいんですから髪の毛は減っちゃいます。それで、新毛が生えづらい状態で、生えても弱いやつなんでまた抜けるって言う悪循環、負のスパイラルになっちゃいますね。それで、ハゲの道を一直線に突き進むって言う、大変な状態になっていくんです。

この現象を唯一押さえてくれるのが、睡眠不足をしないことと質の良い睡眠をとることです。成長ホルモンの分泌を盛んにしてくれるのは、夜の十時から夜中の二時の間と、就寝後に三時間ですから、このふたつを満足されてば完璧です。もし、どちらかって言うことだったら、就寝後二、三時間を質の良い睡眠にすることが大切です。

とにかく、質の良い睡眠をとることが、一番大事ですね。睡眠不足と質の悪い睡眠は、ハゲになるだけです。

その他の記事

© 2018 【M字ハゲ対策日記】育毛剤で生え際の薄毛を止められるか? All Rights Reserved. サイトマップ
このページの最上部へ