かなりオイリーな頭皮には無添加天然成分の固形石鹸がいい

髪の毛の間に指を入れると、指先にネットリ脂がついてくる。
こんな、かなりオイリーな頭皮の人って、結構いますよね。
ジミケンもこんな感じでした。

というのか、いまでもこれに近いですね。

でも、合成界面活性剤入りのシャンプーを使う気にはなれなかったんです。
ジミケンの場合、何を使ったかと言うと、無添加天然成分の固形石鹸です。
これが意外に良くて、ハゲ友にも教えてあげました。

今日はこの無添加天然成分の固形石鹸について、お話をしていきます。

無添加天然成分の固形石鹸ってどんなもの?

まず、無添加という表示の意味ですね。
これは少々ややこしいですが「指定表示成分無添加」ということです。

それで「指定表示成分」っていうのは、アレルギーなどの原因になるって言われている物質ですね。

内容としては防腐剤や基剤、殺菌剤や粘着剤に被膜形成剤、
それに人工香料や界面活性剤、保湿剤に抗酸化剤、収斂剤や紫外線吸収剤など、
どれも体に悪そうなものですね。

固有名詞で表現をすると、なんと100種類以上あるそうです。
ちなみに2001年以降は「旧指定表示成分」と言ってます。

こういったものが一つも入っていないっていうことが、無添加表示をできるということなんですね。

そして、天然成分というのはその通りの意味で、化学合成していないという意味です。
つまり天然原料で作られているということになります。

無添加天然成分の固形石鹸って何がいいの?

一番いいところは、なんて言っても「肌に優しい」というところですね。
シャンプーが原因でアレルギーになったり、肌トラブルが起きたりするリスクが思い切り低くなります。

シャンプーが合わないと、毛穴が赤く腫れてしまったり、頭皮がカサカサになることもありますから。
怖いですね。
それと、皮脂が取れすぎないこともかなりポイントが高いです。

無添加天然成分石鹸の見分け方は?

「なるほど、それはわかったけど、どうやって見分けるんだよ。だいいち、難しいんじゃないの?」
…こんな話が聞こえてきそうです。

というわけで、「無添加天然成分の固形石鹸」の見分け方を説明していきます。

成分を全部確認する

まず指定表示成分が入っているかどうかを確認しましょう。
表示されている成分を全部確認して、指定表示成分が入っているかどうか確認するわけですね。

化学の知識がないと難しいですから、
指定表示成分をあらかじめ調べて、メモして持っていると確実に確認できます。

面倒くさいという人は、製品に書いてあるメーカーの連絡先にその場から電話をかけて確認しましょう。

裏ワザに注意

現在は「全成分表示」が義務付けられていますから、必ず成分表示があります。
しかし、添加物表示の抜け道があったんです。

それは、薬事法に基づいたものなので違法だとはいえない、とても厄介なことなんです。
薬事法では「石鹸中に配合されている量では効果を発揮しない(キャリーオーバー)ものについては、
表示をしなくてもいい」っていう、危険な法律なんですね。

これは見つけようがないですね。
しかし、悪意のないメーカなら問い合わせれば、それなりの解答をしてくれるはずです。

石鹸素地と水を確認する

無添加を見極める際、、最初に、「石鹸素地」と「水」って表示されているかどうかをチェックしましょう。
なぜかというと、この二種類の表示がないと石鹸ではないからです。

次にこの二種類以外の表示を確認して、指定表示があるのかどうかを確認してください。

ちなみにメーカーによっては「石鹸素地」ではなく、「油脂プラス水酸化ナトリウム」と書かれていることもあります。

さらに天然成分を強調するやり方として、油脂の名称を書いていることもあります。
例えば「ホホバオイル」とか、「ココナッツオイル」や「椿油」という表記ですね。

誤解しないでほしい水酸化ナトリウム

固形石鹸を作るときに、必ずって言っていいほど「水酸化ナトリウム」を使います。
油脂の中の脂肪酸と混じって、初めて石鹸素地になるから必要なんですね。

この水酸化ナトリウムは単体だと劇薬ですが、石鹸素地になると無害になるので心配しなくて大丈夫です。

ちなみに水酸化ナトリウムが入っていないものは石鹸ではないです。
液体石鹸には水酸化カリウムを使いますが、これが入っていないとやはり石鹸の仲間とは言えません。

上手に見分けて、無添加天然成分の固形石鹸を手に入れ、効果的な頭皮ケアをしましょう。

その他の記事

© 2017 【M字ハゲ対策日記】育毛剤で生え際の薄毛を止められるか? All Rights Reserved. サイトマップ
このページの最上部へ